中国が原子力空母建造へ、初めての公的発表、海軍の遠洋作戦能力獲得のため2025年には投入―中国メディア

配信日時:2018年3月1日(木) 17時10分
中国が原子力空母建造へ、2025年には投入
画像ID  690561
中国の国有企業、中国船舶重工集団は、27日に発表した今後の発展戦略に、原子力空母の建造などを盛り込んだ。公的に発表された文章に原子力空母の建造が盛り込まれるのは初めて。写真は中国の国産空母。
中国の国有企業、中国船舶重工集団(中船重工)は、27日に発表した今後の発展戦略に、原子力空母の建造などを盛り込んだ。公的に発表された文章に原子力空母の建造が盛り込まれるのは初めて。

中船重工は原子力空母とともに、新型原子力潜水艦、静粛型潜水艦、水中における無人人工知能対抗システムの実現を掲げた。通信システムによる合同作戦能力の向上などとも合わせ、海軍が2025年には遠洋作戦能力を獲得できるよう高品質の武器装備を提供していくという。

中国メディアの環球網は28日、中船重工の発表を受け、軍事問題ウオッチャーによる原子力空母の特長を紹介した。まず、自艦のための燃料油を積み込む必要がないため、艦載機の燃料を多く積むことができる。速度性能も向上するため、作戦行動を実施する海域にも早く到達することができる。

中国は、旧ソ連が建造を開始したが同国の財政難のために放置されていた空母をウクライナから購入した空母を改めて改造し、「遼寧」として2012年に就航させた。現在は独自に建造した空母が完成間近とされている。

中船重工の発表からも、中国が今後、原子力空母の建造に力を入れることは確実だ。中国の空母はこれまで、行甲板の先端を上向きにそらせることで発艦する航空機に揚力を追加する「スキー・ジャンプ」と呼ばれる方式を採用していた。同方式では燃料や搭載兵器を含めた搭載機の重量についての制約が大きく、したがって艦載機の行動能力の向上は難しい。

一方で米国は、艦載機を射出するカタパルトの技術を持っている。カタパルトを用いれば、発艦する航空機の重量を増やすことができるので、艦載機の種類も増やせ、行動能力も大幅に向上できる。米国のカタパルトは蒸気式だが、現在はさらに高性能の電磁式カタパルトを開発中だ。

中国も現在、電磁式カタパルトを開発中とされる。蒸気式にせよ電磁式にせよ、カタパルト使用には大きなエネルギーが必要なので、通常動力の空母では航空機を発艦させる際には艦の速度低下などの問題が生じるとされる。

そのため、中国は原子力空母の建造とカタパルトの技術開発を同時に進め、カタパルト付き原子力空母の完成を目指していると考えられる。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事