Record China

ヘッドライン:

<動物像>ついに来た支払い期限…落札者「絶対に払えない」―中国

配信日時:2009年3月27日(金) 18時49分
拡大
27日、パリで競売にかけられた清代中国の動物像を落札した蔡銘超氏が、代金の支払い期限を過ぎても「やっぱり絶対払えない」と拒否した。理由は「競売主催者を援助することになるから」だという。写真は蔡銘超氏。
(1/4枚)

2009年3月27日、パリで競売にかけられた清代中国の動物像を落札した蔡銘超(ツァイ・ミンチャオ)氏が、代金の支払い期限を過ぎても「やっぱり絶対払えない」と拒否したという。成都晩報の報道。

その他の写真

蔡氏は海外に流出した文化財を取り戻す活動をしている民間組織「海外流出文化財救出基金」の顧問。今年2月パリで行われた故イブ・サンローラン氏の遺品オークションで、動物のブロンズ像を計39億円で落札した。動物像は清代に英仏連合軍から略奪されたものだったため、蔡氏は「所有権は中国政府にある」として支払いを拒否していた。26日にはついに支払い期限を迎えたが、同氏は「やっぱり絶対に払えない」と再び表明。その言い分は、「支払いは(競売主催の)クリスティーズを援助することになる。また、クリスティーズからは請求書なども届いていない」というもので、今後のクリスティーズの動向を静観したいとしている。

クリスティーズは今月6日、蔡氏の「不払い宣言」を受けて本来1週間だった支払い期限を1か月に延長していた。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<中仏>20年前の動物像はわずか15万円、「中国人富豪を狙った陰謀」説広まる―中国

2日、清朝末期に北京の「円明園」から略奪されたネズミとウサギの頭部のブロンズ像がパリで競売にかけられ、計39億円で落札された問題で、中国の専門家は「落札額が高すぎる」と疑問の声をあげている。写真は2体を落札した蔡銘超氏。「金は払わない」と話している。

Record China
2009年3月3日 11時50分
続きを読む

ランキング