Record China

ヘッドライン:

北京原人、生きていたのは定説より30万年遅くからか―中国

配信日時:2009年3月23日(月) 18時5分
拡大
1/10枚
2009年3月22日、北京原人が存在していたのはこれまでの定説より約30万年遅くからであることが、南京師範大学の沈冠軍(シェン・グワンジュン)教授率いる米中合同研究チームによる研究で分かった。中国紙・新京報が伝えた。

その他の写真

研究結果は英科学誌・ネイチャーに掲載された。200万年前にアフリカで誕生した原人が、中国に到達したのは約100万年前だったというもの。これまでの研究では、原人はアフリカから約130万年前に北京・周口店付近および中国南部に到達したとされていた。

北京原人は北京・周口店でスウェーデンの地質学者が人類のものと思われる歯を発見した後、1929年に中国の考古学者により頭蓋骨が発見された。直立二足歩行をし、石器や火を利用していたとされている。現生人類(アジア人)の祖先とする考えがあったが、現在ではミトコンドリアDNAの研究からそれを否定する説が一般的である。(翻訳・編集/NN)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング