2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<動物像競売>世界に恥さらす「愛国」、当局も「国ぐるみ」否定―中国人ブロガー

配信日時:2009年3月6日(金) 10時24分
<動物像競売>世界に恥さらす「愛国」、当局も「国ぐるみ」否定―中国人ブロガー
画像ID  192495
3日、清朝末期に英仏連合軍に略奪された動物像がパリで競売にかけられ、落札した中国人が支払い拒否をしている問題で、中国のブロガーが「みっともない」と批判した。写真は動物像を落札し、支払い拒否を表明した蔡銘超氏。
2009年3月3日、清朝末期に北京の円明園から英仏連合軍に略奪された動物像がパリで競売にかけられ、落札した中国人が支払い拒否をしている問題で、中国のブロガーが「みっともない」と批判した。

その他の写真

「中国式愛国」と題したブログで一連の問題を批判したのは黎宛冰(リー・ワンビン)さん。競売を妨害するために動物像を落札し、支払い拒否を表明した民間団体「海外流出文化財救出基金」の顧問、蔡銘超(ツァイ・ミンチャオ)氏を「ならず者とどこが違うのか?」と批判した。蔡氏は一連の行為を「愛国的行為」と主張しており、ネット上では蔡氏に対する称賛が多数を占めるが、黎さんは「世界に恥をさらしただけ」と異議を唱える。

動物像2体で39億円という高値がついたことについても、「芸術的価値が認められたのではなく、中国人の愛国心が利用されただけ」と指摘。蔡氏が「愛国」という名の下で繰り広げた常識外れな行為を「失望しか感じない」と切り捨てた。

このほか、中国国家文物局も蔡氏の「愛国的行為」に対し、「個人的行為」と声明を発表。“国家ぐるみ”ではないことを強調している。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事