Record China

ヘッドライン:

「レッドクリフ」で急上昇、リン・チーリンがLONGINES社の世界の顔に―台湾

配信日時:2009年2月27日(金) 11時51分
拡大
1/7枚
2009年2月27日、人気モデルで女優のリン・チーリン(林志玲)が、高級時計ブランド「LONGINES」の世界規模のイメージキャラクターに昇格すると伝えられた。聯合新聞網の報道。

その他の写真

現在、同社の中華圏のイメージキャラクターをつとめるチーリンだが、このほど世界規模のイメキャラへの抜擢が明らかになった。台湾を代表するトップモデルのチーリンは昨年、映画「レッドクリフ PartI」で女優デビュー。同作が各国で大ヒットを見せたため知名度・人気が急上昇し、世界規模のイメージキャラクターに引き抜かれたという。

台湾メディアによると、来月中旬にも上海市でLONGINES社主催のイメージキャラクター就任式が行われる予定。これまでにも人気女優のカリーナ・ラウ(劉嘉玲)や歌手のアーロン・クォック(郭富城)が同社イメージキャラクターをつとめているが、今回のチーリンの報酬は1000万NTドル(約2800万円)を下らないと言われている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング