Record China

ヘッドライン:

<中仏>「クリスティーズを締め出せ!動物像の競売にネットユーザーが猛反発―中国

配信日時:2009年2月25日(水) 16時57分
拡大
24日、清朝末期に北京の「円明園」から英仏連合軍に略奪された動物像が競売に出品されることをめぐり、中国側の競売中止の申し立てをパリの裁判所が棄却したことで、中国のネットユーザーたちが怒りの声をあげている。写真は昨年11月に北京で公開されたレプリカ。
(1/5枚)

2009年2月24日、清朝末期に北京の「円明園」から英仏連合軍に略奪された動物像が競売に出品されることをめぐり、中国側の競売中止の申し立てをパリの裁判所が棄却したことで、中国のネットユーザーたちが怒りの声をあげている。環球時報が伝えた。

その他の写真

競売にかけられるのはウサギとネズミの頭部のブロンズ像。中国にとって「屈辱の歴史」とされる第2次アヘン戦争中に英仏軍に略奪され流出したものだ。世界的デザイナーの故イブ・サンローラン氏の遺産オークションに出品されることに中国側が「盗品」だとして返還を要求したが、オークションを主催するクリスティーズ側は「法的に問題ない」と主張していた。

中国側の訴えが棄却されたことで、ネットユーザー達の怒りはさらに高まっている。ネット上ではフランス製品やクリスティーズへのボイコット宣言、フランス系企業に「窃盗税」を課すよう求めるなど過激な発言が飛び交っている。環球時報のウェブサイト・環球網が問いかけた「クリスティーズを締め出すべき?」というアンケートには90%が「そう思う」と回答。競売の中止を求めた署名運動にはわずか半日で2000人以上のユーザーが参加した。

中国とフランスは、パリでの北京五輪聖火リレーへの妨害事件やサルコジ大統領がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談したことなどにより関係が悪化。フランス製品の不買運動が度々起きている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<中仏>略奪された文化財、中国側の競売禁止申請を受け裁判所は緊急審理へ―パリ

21日、19世紀に英仏連合軍の略奪に遭い、海外に流出したとされる「円明園」の文化財がパリでオークションにかけられることとなり、その中止を求めて中国側は、出品の差し止めを仏司法当局に申請した。写真は中国で展示される十二干支像の複製品。

Record China
2009年2月23日 12時33分
続きを読む

<中仏>動物像の競売、裁判所が認める―仏パリ

23日、清朝末期に北京の「円明園」から略奪された動物のブロンズ像をめぐり、パリでの競売中止が求められていた裁判で、パリの裁判所は「出品を許可する」判決を下した。写真は22日、北京の首都師範大学で行われた競売中止を訴える署名運動。

Record China
2009年2月25日 10時34分
続きを読む

<中仏>「ダライ・ラマを戻せ」、動物像の返還要求に「政治的恐喝」―中国紙

23日、パリで競売にかけられることになり中国側が返還を求めている北京・円明園の動物像の問題で、所有者のピエール・ベルジェ氏は「ダライ・ラマ14世をチベットに戻すことが条件だ」と話した。写真は昨年8月、浙江省杭州市で公開された十二支像のうちの4体。

Record China
2009年2月24日 7時9分
続きを読む

ランキング