Record China

ヘッドライン:

<中仏>動物像の競売、裁判所が認める―仏パリ

配信日時:2009年2月25日(水) 10時34分
拡大
23日、清朝末期に北京の「円明園」から略奪された動物のブロンズ像をめぐり、パリでの競売中止が求められていた裁判で、パリの裁判所は「出品を許可する」判決を下した。写真は22日、北京の首都師範大学で行われた競売中止を訴える署名運動。
(1/4枚)

2009年2月23日、清朝末期に中国・北京「円明園」から略奪された動物のブロンズ像がパリで競売に出品されることをめぐり、中国の弁護士などが中止を求めていた裁判で、パリの裁判所は「出品を許可する」判決を下した。英BBC放送の中国語版ウェブサイトが伝えた。

その他の写真

問題となっているのはウサギとネズミの頭部の像。十二支像として円明園に飾られていたが、第2次アヘン戦争中の1860年に英仏連合軍の略奪を受けて流出した。今のところ中国に返還されたのは5体のみ。フランスの著名デザイナー、故イブ・サンローラン氏の遺品オークションに出品されることになったが、中国側が返還を要求。一方、オークションを行うクリスティーズは「法的に問題ない」と主張していた。2体はオークション最終日の25日に出品される。

訴えが棄却された中国の劉洋(リウ・ヤン)弁護士は、「負けても成果はあった。戦いは今後も続けていく」と悔しさをにじませる。クリスティーズ側は「中国国民の気持ちは分かるが、競売を中止する理由がない」とコメントした。

判決を受けて中国のネット上では早くも不満の声が噴出。「フランス製品の不買運動」や「クリスティーズの資産凍結」を呼び掛ける声のほか、温家宝(ウェン・ジアバオ)首相が欧州歴訪でフランスを避けたことを「賢明だった」とする声も上がっている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<中仏>略奪された文化財、中国側の競売禁止申請を受け裁判所は緊急審理へ―パリ

21日、19世紀に英仏連合軍の略奪に遭い、海外に流出したとされる「円明園」の文化財がパリでオークションにかけられることとなり、その中止を求めて中国側は、出品の差し止めを仏司法当局に申請した。写真は中国で展示される十二干支像の複製品。

Record China
2009年2月23日 12時33分
続きを読む

<中仏>「ダライ・ラマを戻せ」、動物像の返還要求に「政治的恐喝」―中国紙

23日、パリで競売にかけられることになり中国側が返還を求めている北京・円明園の動物像の問題で、所有者のピエール・ベルジェ氏は「ダライ・ラマ14世をチベットに戻すことが条件だ」と話した。写真は昨年8月、浙江省杭州市で公開された十二支像のうちの4体。

Record China
2009年2月24日 7時9分
続きを読む

ランキング