Record China

ヘッドライン:

<SARS>ウィルスの増殖原因を特定、武漢大学の研究グループ―中国

配信日時:2009年2月17日(火) 22時25分
拡大
17日、武漢大学の研究チームは、重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こすSARSコロナウィルスの増殖に必須な物質「非結合タンパクnsp14」を特定したと発表した。写真は03年に武漢大学P3動物実験室で行われたSARSワクチンの実験。
(1/10枚)

2009年2月17日、武漢大学の研究チームは、重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こすSARSコロナウィルスの増殖に必須な物質「非結合タンパクnsp14」を特定したと発表した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

武漢大学生命科学学院ウィルス学国家重点実験室の郭徳銀(グオ・ダーイン)教授や現代ウィルスセンターの田波(ティエン・ボー)主任らのグループが発見した。研究成果は全米科学アカデミー発行の専門誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表される。

中国広東省でSARSの最初の患者が確認されたのは02年11月。翌年1月には大規模な流行となり、患者は世界中に広がった。その後の研究で新種のコロナウィルスが原因であることは分かったが、増殖の原因については解明されていなかった。

SARSは03年7月に制圧宣言が出されたが、再び流行する可能性は十分にある。今回の発見で、新しい抗ウィルス剤の開発に弾みがつくと期待されている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

「SARSの病原体は特定されている」、人類の自然破壊に警告―中国専門家

12日、中国で新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)研究の第一人者である中国工程院の鍾南山院士は、中国紙の取材に対し「SARSの病原体はすでに特定されている」と語った。写真は04年1月、広東省広州市内で一斉に処分されたハクビシンなどの野生動物。

Record China
2009年1月13日 8時45分
続きを読む

「SARSは生物化学兵器」発言に報道官が激怒―中国

台湾幹部による「SARSは生物化学兵器」発言について、中国の秦外交部報道官は7日、「誰がそんなデタラメを!」と怒りをあらわにした。台湾側は問題の発言を「失言」としている。写真は06年5月、北京の小学生に講義をする秦報道官。

Record China
2008年10月9日 20時29分
続きを読む

SARS流行?衛生局「ウワサは全くのデマ」とキッパリ否定―広東省広州市

3月1日、広東省仙尾市で鳥インフルエンザ感染による死亡が1例確認されてから、同省広州市で新型肺炎(SARS)が発生したとの噂が流れたが、広州市衛生局はこれに対して「全くのデマだ」と否定した。写真は03年5月、北京地壇医院SARS児童病棟の子どもたち。

Record China
2008年3月1日 12時46分
続きを読む

ランキング