Record China

ヘッドライン:

<留学生殺人事件>中国人イメージが悪化、権利保護申し入れ―中国

配信日時:2009年1月26日(月) 15時45分
拡大
2009年1月、在米国中国大使館はバージニア工科大学での中国人留学生による殺人事件を受け、中国人のイメージが悪化し留学生や研究者に悪影響がでる可能性もあるとして、同大学に中国人の権利保護を申し入れた。資料写真。
(1/4枚)

2009年1月21日、米バージニア州のバージニア工科大学で中国人留学生による殺人事件が発生。米華字紙・僑報によると、事件により中国人留学生・研究者の環境が悪化することを不安視した在米国中国大使館が同大に中国人の権利保護を申し入れたという。25日、中国新聞社が伝えた。

その他の写真

21日夜、バージニア工科大学で悲劇は起こった。大学校内のレストランで大学院生の朱海洋(ジュウ・ハイヤン)が、楊欣(ヤン・シン)さんにナイフを振るい殺害した。楊さんは北京市出身の22歳。同大で会計学を学ぶため、2週間前に米国に到着したばかりだった。二人は知り合いで直前までもめていたようすもなく、事件の動機についてはいまだ不明のまま。

中国大使館は事件により中国人へのイメージが悪化、留学生や研究者に不利な影響がでる可能性もあるとして、バージニア工科大学に中国人の権利保護を申し入れた。また中国との教育交流及び協力関係に悪影響が出ないことを希望するとのメッセージを送っている。大学側は「事件は個別のケースであり、中国人留学生及び研究者に影響するものではない」と回答した。

一昨年以来、仕事や留学で米国に滞在する中国人は急増している。事件に巻き込まれたり、不法滞在など領事問題が増加することが予想されており、在米国中国大使館では昨年1月に対策グループを設立した。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国の男女留学生が惨殺、本格捜査始まる―英

8月11日、英国ニューキャッスル市のアパートの1室で9日、中国人留学生の男女が惨殺されていた事件で、現地警察当局は本格捜査を開始。事件現場は残酷極まりない状況だったという。写真は06年、各国の教育機関が集まって開かれた留学説明会。

Record China
2008年8月12日 16時25分
続きを読む

ランキング