中国系がまた違法輸出、軍事転用可能な電子部品を対中販売―米国

Record China    2009年1月23日(金) 19時45分

拡大

21日、仏AFP通信によると、米連邦捜査局(FBI)は輸出が禁じられている電子部品を中国向けに販売した容疑で、中国系米国人を含む容疑者2人を逮捕した。写真は08年、北京市で開催された中国国際国防電子展。

(1 / 14 枚)

2009年1月21日、仏AFP通信(AFP)によると、米連邦捜査局(FBI)は輸出が禁じられている電子部品を中国向けに販売した容疑で、中国系米国人を含む容疑者2人を逮捕した。近年、米国では中国系米国人によるスパイ疑惑、輸出禁止品の輸出容疑で逮捕される事例が相次いでいる。23日、揚子晩報が伝えた。

その他の写真

それによると、20日、FBIはマイケル・チャン(49歳)、ボリカヴァ・コロナド・ガンボア(40歳、音訳)の2人を逮捕した。起訴状は米軍の戦車にも使われている電子部品を中国企業に販売した容疑としている。またシスコ・システムズ、ソニーなどのパソコン部品、電子機器の海賊版を米国をはじめ世界各地で販売していた罪にも問われている。

主犯のチャンは最長で懲役125年の刑に問われる可能性がある。ガンボアは最長5年が求刑される見通し。AFPによると、チャン被告の弁護士は無実の罪だと発表、裁判で争う姿勢を示している。(翻訳・編集/KT)

関連記事



   

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携