Record China

ヘッドライン:

宣伝資料に幹部居眠り写真が!次の日に「開眼」しビックリ―雲南省昆明市

配信日時:2009年1月1日(木) 20時35分
拡大
08年12月29日、雲南省昆明市に展示された市民向けの宣伝写真に、幹部の居眠り写真が堂々と掲載されてしまったが、翌日には閉じていたはずの目が開くという不可解な現象が発生し、市民から大きな注目を集めている。
(1/2枚)

2008年12月29日、雲南省昆明市に展示された市民向けの宣伝写真に、幹部の居眠り写真が堂々と掲載されてしまったが、翌日には閉じていたはずの目が開くという不可解な現象が発生し、市民から大きな注目を集めている。31日付で雲南網が伝えた。

その他の写真

問題の写真は雲南省科学技術館が、違法マルチ商法の撲滅活動に奮闘する省幹部の活動を紹介する資料として市民向けに展示したうちの1枚。「違法マルチ商法撲滅に関するテレビ電話会議」と題されたその写真には、会議に参加する勇ましい幹部達の姿が写されていたが、あろうことか最前列に大きく写っている幹部の1人が目を閉じて居眠りしている最中だった。

これを見た市民達は大騒ぎ。人通りの多い場所に展示されたこの写真の前には、あっと言う間に黒山の人だかりが出来た。ところが翌日になると、同じ写真なのに居眠りしていた幹部の目だけが開いているというなんとも不可解な現象が発生。市民からは「特殊加工したのでは」と疑問の声が上がっているが、科学技術館側はこれに対する回答を避けているという。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ネット世論が政府動かす、ぜいたく官僚を免職に―中国

29日、インターネット上での議論がきっかけとなり、南京市江寧区不動産管理局の周久耕局長が免職となった。きっかけは周氏の発言だが、1カートン2000元のタバコを吸う姿などが明るみにされた。写真は中国のジョークサイト「人肉捜索」。

Record China
2008年12月30日 23時50分
続きを読む

ランキング