<08年中国ニュース・動物編7>ペット整形が流行、虐待との批判も―吉林省

配信日時:2008年12月31日(水) 1時13分
<08年中国ニュース・動物編7>ペット整形が流行、虐待との批判も―吉林省
画像ID  179817
08年も中国では様々な動物ニュースがあった。その中でも特に人気の高かったニュースや注目ニュースを10篇シリーズで振り返っていく。7本目は吉林省吉林市で流行しているペットの美容整形手術のニュース。
2008年も中国では様々な動物ニュースがあった。その中でも特に人気の高かったニュースや注目ニュースを10篇シリーズで振り返っていく。

その他の写真

7本目は吉林省吉林市で流行しているペットの美容整形手術のニュース。手術さえすれば愛犬をロバやパンダ、ブタ、羊などの姿に変えることができるという。

経済発展に伴い、中国ではペットブームがわきおこっている。ペットショップやペット用美容室も珍しくはなくなっているが、それでは飽き足らない飼い主たちに流行しているのがペットの美容整形手術。以前からショードッグの世界には、垂れ下がった耳に手術を行い、ロバのようにピンと立った耳にする「断耳」というものがあるが、二重まぶたを形成したり、ほかの動物に似せるような施術を行う「整形手術」は新しいペットビジネスと言えるだろう。

ペット美容院の店員によると、こうした整形手術は珍しいものではなく、パンダ風の整形がよく見られるという。ペット美容院はこうした整形手術は動物の健康に影響しないと説明しているが、虐待ではないかとの批判も根強い。吉林市のある市民は「ペットにも個性があり、突然姿を変えられてしまえばショックのあまりうつ病になる可能性もある」と批判した。(翻訳/KT・編集/TH)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事