中国、日本製化粧品に禁止成分を検出。企業側「入れていない」

配信日時:2006年9月16日(土) 15時3分
中国、日本製化粧品に禁止成分を検出。企業側「入れていない」
画像ID  43005
中国に輸入された日本のマックスファクター化粧品から、クロムやネオジムといった禁止成分が検出された。
2006年9月15日、中国国家品質検査総局の最新データによると、日本から輸入したSK-?化粧品に、中国で禁止されている成分が含まれることが判明したという。品質検査総局は現在各地の検疫機構に対し、日本製の化粧品を徹底的に検査をするよう指示している。国家品質検査総局の担当者によると、P&Gジャパンのグループ会社であるマックスファクター社(本社神戸市)が生産した、SK-?のOB-2シリーズのファンデーションにネオジムが1kgあたり4.5mg含まれていることが分かり、また乳液、日焼け止めクリーム、美白エッセンス、美白マスクなどからはクロムが1kgあたり0.77〜2.0mg検出されたという。これらは最近、広東省入出国検疫機構が明らかにしたものだという。中国の「化粧品衛生基準」(GB7916)では、化粧品の製造にネオジム、クロムの使用が禁止されている。P&Gジャパングループの関係者は中国のメディアに対し、SK-?化粧品は安全基準の下に製造されたもので、中国に輸出する際も衛生部の厳密な検査を受けており、製造過程においてもクロムやネオジムのような成分は投入していないと述べ、今後中国の関連当局と技術面における交流を行う必要があると主張した。中国品質検査総局は今回の件について、日本政府の関係部門と中国駐在日本大使館に、化粧品の輸出管理を強化するように要請した。このニュースが中国で報道されて以降、SK-?商品に対する疑惑が大きくなっている。SK−?は中国に進出して以来長年の間女性たちに愛用され、値段は国産品の数倍から数十倍であるにもかかわらず、「同じ東洋人が開発したから欧米製のものより東洋人に合う」という理由で人気があった。しかし今回の事件後、中国最大のポータルサイト「新浪」が1824人に対しアンケート調査を行った結果、「今後SK−?の商品を買い続ける」という人は全体のわずか3.56%となり、企業側の言明について「うそだと思う」と答えた人は80.76%にも上った。


その他の写真
最新ニュースはこちら

SNS話題記事