<激変都市>ベスト10トップに深セン!北京は5位―中国

配信日時:2008年12月18日(木) 8時40分
<激変都市>ベスト10トップに深セン!北京は5位―中国
画像ID  177504
16日、米誌が、中国の「変化の大きかった都市ベスト10」を発表。1位は深センで、北京は5位。GDPや市場規模、都市の変化の大きさから選出された。写真は北京市。
2008年12月16日、中国経済網によると、米経済誌「フォーブス」が、中国の「変化の大きかった都市ベスト10」を発表した。1位は深センで、北京は5位。GDPや市場規模、都市の変化の大きさから選出された。

その他の写真

ランク付けはGDPや市場規模、都市の変化の大きさから行われ、1位は中国第4の都市である深セン市(広東省)。中規模の省と同等のGDPがあり、中国国内で最も経済収益の高い都市の1つ。

2位は広州市(広東省)。充実した工業インフラを擁し、3次産業が発達しているほか、広州港は珠江デルタ最大の国際貿易港となっている。

3位は国際的にも自由経済システムが評価されている香港特別行政区。

4位は中国経済の中枢を担う上海市で、2010年には万博も開かれる。

5位は中国の首都である北京市。政治の中心であるとともに、金融やビジネスの面でも中心的な役割を担っており、3次産業は中国国内トップの規模。巨大国有企業の多くが北京に本部を置いている。

同誌によれば、中国は現在人類史上最大の規模で工業化が進んでいるとされ、農業国だった中国は、世界最多の都市住民を擁する強大な経済体へと変貌しているという。

6位は大連市(遼寧省)、7位は南京市(江蘇省)、8位はアモイ市(福建省)、9位は天津市、10位は重慶市。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事