<在日中国人のブログ>過酷な南国、やさしい南国

配信日時:2008年12月26日(金) 22時28分
<在日中国人のブログ>過酷な南国、やさしい南国
画像ID  175653
出張のため、中国最南端のリゾートアイランド・海南島を訪れているわたしは、ある日の午後、商魂たくましいタクシー運転手にやや腹を立てながら、今年の春に訪れた沖縄でのできごとを思い出していた。果汁たっぷりのヤシの実にまつわる、あるできごとを…
現在、出張のために中国最南端のリゾートアイランド・海南島を訪れている。数日前の昼過ぎ、わたしは訪問先へ向かうためにタクシーを拾った。行き先のビル名を告げると、運転手は「ああ、あそこか。あそこなら誰でも知っているところだ」と言い、車をUターンさせ、走り出した。

その他の写真

車は軽やかに50mほど走った後、おもむろにあるビルの前で停車した。

「え?ここなんですか?」「ああ、ここだよ。間違いない」

これなら歩いたほうがよかったのに…なぜ乗車前に教えてくれなかったんだ?と思いながら、わたしはしぶしぶ料金を支払い、下車した。その時わたしの脳裏に、今年の春に旅した沖縄でのできごとがよみがえった。

すでに日差しも厳しい昼下がり、アイスクリームで暑さをしのぎながら、かの有名な美ら海水族館へ行った。水族館の前では修学旅行生らが集まり、なにやら騒いでいた。近づいてみると、彼らが囲んでいたのは東京では珍しいヤシの実売りだった。「ひとつください。」わたしがヤシ売りのお兄さんに700円を渡すと、お兄さんはアイスクリームを食べているわたしを見て、こう言った。

「お客さん、アイスクリームを食べた後では、ヤシのジュースは甘くないですよ。あまりお勧めできないです。」

彼はお金を稼ぐことよりも、遠来の観光客においしいヤシを味わってもらいたいのだな、そんなきもちがひしひしと伝わってきた。

タクシーを下車したとき、なぜ、不意に彼のことを思い出したのだろう?自分でもよくわからない。

ちなみに海南島のヤシの実も、町のいたるところで売られており、とてもおいしい。その値段は、わずか3.5元(約50円)だ。中のジュースを飲み干すと、ヤシ売りは実を割って果肉を食べさせてくれる。もし海南島を訪れる機会があれば、ぜひ試してみるべきだ。

でも、ひとつ覚えておいてほしい。「ヤシの実を食べる前には、アイスを食べるな。」(33歳男性/在日10年/会社員)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事