<ロンドン五輪>資金不足で開催辞退すべき、北京の連続開催が最適―英紙

Record China    2008年11月28日(金) 18時25分

拡大

26日、深刻な財政難に陥っているロンドンは五輪開催を辞退すべきだ英紙が論じた。写真は北京パラリンピック閉会式での「ロンドン8分間」。

(1 / 10 枚)

2008年11月26日、英紙タイムズは、「北京―2012年五輪開催に最も適した場所」と題した文章で、深刻な財政難に陥っているロンドンは五輪開催を辞退すべきだと論じた。新華網が伝えた。

その他の写真

記事は、五輪開催の年となる2012年には、英国の債務総額は1兆ポンド(約146兆円)に達し、五輪が開催されてもロンドンの町には各国の代表選手以外、路頭に迷う失業者であふれるだろう、と述べた。五輪開催費用も当初の27億ポンド(約3960億円)から93億ポンド(約1兆3000億円)にまで膨れ上がったが、さらに増える可能性もあると指摘。世界的な金融危機の今、英国に必要なのは五輪会場やホテルの建設ではなく、経済の建て直しだと主張した。

その上で、過去に1908年の開催国に決まっていたローマがベスビオス火山の噴火により開催を辞退した例を挙げ、「北京には五輪開催に必要な施設が全て揃っている。2012年も北京で開催することは出できないのか」とロンドン五輪開催は辞退すべきとの考えを示した。(翻訳・編集/NN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携