<金融危機>影響か?カジノの10月税収、今年最低を記録―マカオ特別行政区

配信日時:2008年11月21日(金) 6時59分
<金融危機>影響か?カジノの10月税収、今年最低を記録―マカオ特別行政区
画像ID  172877
19日、マカオ政府が発表した今年1〜10月の公共財政データによると、カジノの9月の売上高を反映した10月の税収が今年最低を記録したことが分った。写真はマカオを代表するカジノ・リスボア。
2008年11月19日、マカオ政府が前日に発表した今年1〜10月の公共財政データによると、カジノの9月の売上高を反映した10月の税収が今年最低を記録したことが分ったと報じられた。「マカオ日報」の報道を「中国新聞網」が伝えた。

その他の写真

データによると、マカオ政府の10月までの総収入はすでに年間予算を達成しており、前年同期比33.1%増の430億6380万元(約6028億9300万円)となっている。カジノ経営に基づく税収はこのうちの約78%を占め、10月までの合計額はすでに年間予算を14.3%上回り、前年同期比40%以上の伸びを示している。

しかし、カジノの9月の売上高を反映した10月の税収は、25億7280万元(約360億1900万円)と今年最低を記録。9月の税収34億6150万元(484億6100万円)に比べて8億8870万元(約124億4200万円)の大幅減になっているという。

破竹の勢いでラスベガスを追い抜き、世界一のカジノ都市となったマカオにも金融危機による世界同時不況の影響が現れてきたと見られている。(翻訳・編集/HA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事