2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

植物状態で出産、眠り続ける妻の涙に夫は…―広西チワン族自治区

配信日時:2008年11月8日(土) 22時45分
植物状態で出産、眠り続ける妻の涙に夫は…―広西チワン族自治区
画像ID  170360
5日、広西チワン族自治区南寧市の病院で植物状態にある女性患者が健康な男児を出産した。この奇跡的な出産の裏には、物言わぬ妻を献身的に看護する夫の存在があった。写真は生まれた男児。
2008年11月6日、広西チワン族自治区南寧市の広西医科大学第一付属医院で5日、植物状態にある母親の胎内から元気な男児が誕生した。「広西新聞網」の報道。

その他の写真

今年4月26日早朝、南寧市武鳴県に住む当時妊娠2か月の唐さん(29歳)は、突然めまいと吐き気に襲われた。夫の陸さんは「つわりだから吐いたら治るよ」と声をかけたが、そのうち妻は「頭が痛い。早く救急車呼んで!私はもうダメ」と言って意識を失った。県の病院では対応できず、同市の広西医科大学第一付属医院に運ばれた唐さんはCT検査の結果、大量の脳内出血が見つかり即手術を受けることに。4時間に及ぶ手術で生命の危険は脱したが、意識は戻らず植物状態に。

8月に妊娠6か月を迎えた唐さんの病状を危惧した医師団は、病室で彼女の家族と「妊娠の続行」について話し合いを始めたところ、ベッド上の唐さんの目から涙がこぼれた。これに気づいた家族は「彼女は子供を失いたくない」と理解。医師団も彼女の意思を尊重したという。

陸さんは仕事を辞め、寝たきりの妻の介護に専念。自力呼吸も出来ず、食事も取れない彼女のために栄養のある料理を作って粉砕し鼻から通したチューブで胃に送り込む。2時間おきに床ずれ防止の体位変換、血行を良くするための全身マッサージを行うなど献身的に看護した。

妊娠36週を過ぎて医師団は胎児の成長が悪いことから早期分娩を決定。11月5日午前9時51分、1718gの小さいが元気な男の赤ちゃんが無事に生まれた。(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事