【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

観光客「危ない!」、パンダがとんでもないもので遊び始め―中国

配信日時:2019年1月2日(水) 14時0分
観光客「危ない!」、パンダがとんでもないもので遊び始め―中国
画像ID  643240
澎湃新聞はこのほど、飼育員が忘れていった包丁で遊ぶパンダを映した動画を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地。
2019年1月2日、澎湃新聞はこのほど、飼育員が忘れていった包丁で遊ぶパンダを映した動画を掲載した。

記事によると、12月26日に四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地でパンダの萌萌(モンモン)が中華包丁で遊び始め、刃を口元に持っていってこするなどしていた。驚いた観光客らからは、「危ない!早く捨てて!」などの声が上がった。ほどなく、萌萌は包丁で遊ぶのをやめたという。パンダ繁殖研究基地によると、中華包丁は飼育員が落としていったもので、萌萌にけがはなく、飼育員は処分を受けたという。

これに対し、中国のネットユーザーから「これこそカンフーパンダ?」「カンフーパンダは大刀を使える」など、カンフーパンダを連想したというコメントや「パンダは食鉄獣だからな。包丁で遊ぶくらいどうってことはないだろう」「食鉄獣なら包丁も食べられるんじゃないか」などのコメントもあった。古代中国ではパンダのことを「食鉄獣」と呼んでいたためだ。

また、「パンダは国宝だぞ!なぜ安全にもっと注意を払わないんだ!」「この飼育員はちょっとそそっかしすぎるだろう。萌萌が無事でよかった」との意見や、「本当に子どもを育てるのと同じだな。ちょっと油断するとこういうことが発生する。飼育員も気苦労があって大変だ」と気遣うコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/01/02 16:12)

    パンダは、生き物を殺さないチベット人の領土だけで生き残った。中国人のエリアでは、大型の野生動物はほぼ絶滅している。 四川省の半分はチベットの領土だ。中国人はチベットを侵略し、200万人を殺害して植民地にした。チベットから奪ったパンダで、中国のイメージ向上を画策している。 パンダを見るたびに、パンダ一匹あたり一万人ものチベット人が殺戮された様を思い浮かべよう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事