韓国、透明な「ステルス戦車」など未来の兵器40のアイデアを披露=「言葉だけは一流」「開発費が誰かのポケットに入る事だけが心配」―韓国ネット

配信日時:2017年12月30日(土) 14時40分
韓国、透明な「ステルス戦車」など未来の兵器40のアイデアを披露
画像ID  643172
28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国防衛事業庁と国防技術品質院が将来の国防技術を適用して開発可能な40の新兵器システムを明らかにした。資料写真。
2017年12月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国防衛事業庁と国防技術品質院が将来の国防技術を適用して開発可能な40の新兵器システムを明らかにした。

新たな兵器システムの中には「メタ材料」をベースにした「可視光・赤外線透明マント技術」を適用した「透明ステルス戦車」も含まれた。防衛事業庁は、透明ステルス戦車は敵のレーダーや赤外線追尾を避けることができ、肉眼でも見えないため局地戦で優位な立場を確保するのに大きく貢献するものと期待している。

また、水中での高速起動が可能な「海水吸入潜水艇」もある。電気推進方式と海水吸入型ロケットエンジンの推進方式を組み合わせたこの潜水艇は、平時には電気(モーター)を用いたプロペラで推進力を得て、高速起動が必要な場合はロケットエンジンの推進方式に切り替える。

さらに、「群集型超小型無人機」は、レーダーなどのセンサーを搭載した昆虫サイズの超小型無人機複数台を蜂の群れのように群集の形で運用して、一般的なレーダーでは探知できない死角を検出する事が可能になるという。

その他にも、人工知能(AI)技術を用いたAIサイバー指揮統制システム、敵の挑発兆候検出システム、ウォーゲームなども含まれた。

これらの新たな兵器システムは国防技術品質院が発刊した冊子「第4次産業革命と連携した未来国防技術」に掲載された。

全済国(チョン・ジェグク)防衛事業庁長は「今回新たに試みた将来の国防技術予測は、将来の戦場環境と急激な科学技術の発展傾向がタイムリーに反映されたものとして、4次産業革命の時代を準備する意味のあるマイルストーンになるだろう」と期待した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「いつも言葉だけは一流」「計画と構想だけだったら世界一だな」「何か一つでもまともに作ってから話をしろ」「軍関連の技術者の言葉を信じる韓国人はいない」など、辛辣な声が多く寄せられた。

また、「新技術だし、いい事だと思うけど、開発費が誰かのポケットに入る事だけが心配」と、後を絶たない国防不正を憂える意見もみられた。

その他に、「核兵器時代にふさわしいものを一度試してみてはどうだ」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ハムス***** | (2017/12/30 19:13)

    どんな素晴らしいアイデアでもそれを形にする技術や形作る為の材料が無ければ只のファンタジー… 実物が有っても再現出来ないパワーパック、設計図が有っても形に出来ない潜水艦、夢を見るのもいい加減にしましょうw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Jac***** | (2017/12/30 18:39)

    海水吸入潜水艇・・・沈没潜水艦を連想してしまうが...
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ste***** | (2017/12/30 15:54)

    透明ステルス戦車wwwwwwwww 当然エンジンも透明ステルスエンジン! 大砲も弾薬も透明ステルスry! 乗組員ももちろん 透 明 人 間 ! 軍服も透明ステルス繊維でできてるんだろうが、それって『裸の王様』実写版が作れるってことだよねっ?! (こういうとこで草生やす奴を常々下品だと思っていた私だが・・・) wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事