韓国外相が慰安婦合意に言及「時間が経てば成熟した立場に」=韓国ネットから不満続出

配信日時:2018年1月18日(木) 12時30分
韓国外相が慰安婦合意に言及「時間が経てば成熟する」=ネットは不満
画像ID  643054
17日、カナダ・バンクーバーで行われた外相会合終了後、韓国の康京和外相が慰安婦問題合意に関連して、記者らに対し「時間が経てば日韓は成熟した立場を示すだろう」と伝えたことが明らかになった。写真は慰安婦問題の解決を求める韓国の「水曜集会」。
2018年1月17日、カナダ・バンクーバーで行われた外相会合終了後、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が慰安婦問題をめぐる日韓合意に関連して、記者らに対し「時間が経てば日韓は成熟した立場を示すだろう」と伝えた。韓国・ヘラルド経済などが報じた。

康外相は現地時間の16日、バンクーバーコンベンションセンターで開かれた「朝鮮半島の安保および安定に対する外交長官会議(バンクーバー会議)」の終了後、記者らと会ってこのように述べたとされる。

康外相は同日行った日本の河野太郎外相との朝食協議について「気楽に話をするため非公式で会い、話の詳細は互いに公開しないことで合意した」とし、韓国政府の立場については「前回の合意で慰安婦問題が解決されていない。被害者の立場からすると特にそうだ」「問題の本質を考えると、基本的に人権問題を政府間の政治的な交渉で解決しようとする試み自体が誤った方法だった」と説明。その上で「時間が経てば(両国が)一段階成熟し、強固な立場を示す可能性があると見ている」と伝えたという。

また「日本とこの問題について交渉したり追加の要求をしたりしないという結論が出た」とし、慰安婦問題が外交的に解決し難い点を指摘したとのこと。康外相はこの他にも、慰安婦問題と経済・外交安保など実質的な協力を分ける「ツートラック・アプローチ」に持っていくことを改めて強調したそうだ。

これを受け、一部からは「素晴らしい発言」「こういう発言自体が日本に対する圧迫になり得る」と支持するコメントが寄せられる一方で、「それなら私でも言える内容。これまで前政府を相当たたいたくせに、今になって『時間が経てば』?」「日本が良心を持つ日を待てって?」「元慰安婦のおばあさんたちがみんな亡くなってから?」「つまり対策はないということか」など、納得がいかないというネットユーザーが続出している。

そのため、康外相に対し「能力がないなら辞職しろ!」という声まで。現政権についても「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は元慰安婦のおばあさんたちを連れてショーをするだけで終わるわけじゃないだろうね?」「前政権よりマシになったのは何?政治、経済から教育まで全てがっかり」など厳しい声が上がった。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事