カネがかかりすぎる!タイ「新幹線」計画、最高時速引き下げ迫られる―中国紙

配信日時:2017年12月29日(金) 6時10分
カネがかかりすぎる!タイ「新幹線」計画、最高時速引き下げ迫られる
画像ID  640950
28日、中国紙・環球時報は、日本とタイが協力し、タイの首都バンコクと北部チェンマイを結ぶ高速鉄道を新幹線方式で建設する計画について、「経費を削減するために最高時速の見直しを迫られている」と伝えている。写真は新幹線。
2017年12月28日、中国紙・環球時報は、日本とタイが協力し、タイの首都バンコクと北部チェンマイを結ぶ高速鉄道新幹線方式で建設する計画について、「経費を削減するために最高時速の見直しを迫られている」と伝えている。

27日付のタイ英字紙バンコック・ポストによると、タイのソムキット副首相(経済担当)は26日、プラユット首相が運輸省に対し、300キロとされる最高時速を180〜200キロに引き下げることができないか検討するよう指示したことを明らかにした。

報道によると、牧野京夫国土交通副大臣は14日、事業化調査の報告書をタイ側に手渡した。総事業費は4200億バーツ(約1兆4700億円)とされ、日本側は円借款などの支援を考えているが、タイ側は財政への負担が巨大と認識しているという。

タイと日本は昨年8月、同プロジェクトに新幹線方式を導入することで覚書を結んだ。環球時報は「中国も、高速鉄道技術の提供に意欲を見せていたが、最終的には採用されなかった」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事