漢代の長安城遺跡で「謎のトンネル」発見、皇帝の脱出路か―陝西省西安市

Record China    2008年10月20日(月) 18時3分

拡大

17日、陝西省西安市で、漢代の長安城遺跡を再建するための準備をしていたところ、地下4mの深さに半円形に掘られた謎のトンネルが見つかった。その用途について、専門家の間で意見が分かれている。

(1 / 10 枚)

2008年10月17日、陝西省西安市で、漢代の長安城遺跡を再建するための準備をしていたところ、地下4mの深さに半円形に掘られた謎のトンネルが見つかり、その用途について専門家の間で意見が分かれている。華商報が伝えた。

その他の写真

謎のトンネルが見つかったのは、再建作業の準備をしていた西安門の地下。西安門は皇宮に近く皇族のみに出入りが許され、一般人の利用は禁じられていた。半円形の天井部には青レンガが1ミリのすき間もなく敷き詰められており、とても2000年前のものとは思えないほど作りがしっかりしていたという。保存状態も極めて良かった。

このトンネルが何に使われていたのかについて、考古担当は「下水道」との見解を示しているが、一部の専門家は「皇帝の秘密の脱出路だったのでは」と見ている。まだ全体の長さなど詳細はわかっておらず、全容解明までにはもう少し時間が掛かりそうだ。(翻訳・編集/NN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携