中国で増える「精神日本人」、言動がたびたび問題に―中国メディア

配信日時:2018年10月15日(月) 14時20分
中国で増える「精神日本人」、言動がたびたび問題に―中国メディア
画像ID  638819
15日、北京青年報は、「精日(精神日本人)」と呼ばれる人々が中国でひそかに増えており、ことあるごとに問題発言を繰り返していると批判した。
2018年10月15日、北京青年報は、「精日(精神日本人)」と呼ばれる人々が中国でひそかに増えており、ことあるごとに問題発言を繰り返していると批判した。

南京大屠殺記念館が11日、公式SNSで「南京大虐殺の生存者の1人である沈淑静(シェン・シュウジン)さんが94歳で世を去った」と伝えたところ、あるネットユーザーが「南京大虐殺はなかった」とコメントし、大きな波紋を呼んだ。

このネットユーザーは過去にも同様の発言を繰り返していたという。南京市警察当局は調査に着手した。

記事は、「中国ではこうした発言は反社会的と見なされるが、ドイツではナチスを公に称賛する発言、米国では人種差別的な発言、日本では皇室批判がタブーなように、国によって公に発言が禁じられる内容は異なる」と紹介。

その上で、「抗日戦争は中国にとって複雑で重大な意味を持つ歴史であり、革命に命をささげた先祖の思いを踏みにじり、日本の軍国主義を称賛するような行為には相応の法的代償が伴われるべきだ」とし、「『精日』が姿を現した場合には、ゼロ容認の姿勢で厳しく対処すべきだ」と主張している。(翻訳・編集/岡田)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事