Record China

ヘッドライン:

韓国国防のトップが国産兵器に不信感?迎撃ミサイル量産規模が縮小の可能性=韓国ネット「自国製を積極的に使ってこそ性能の改善や輸出ができるのに」

配信日時:2017年12月29日(金) 6時50分
拡大
2017年12月27日、韓国日報によると、「韓国型ミサイル防衛システム」(KAMD)の中核武器である中距離地対空迎撃ミサイル「天弓」改良型の量産規模が縮小されるとみられている。宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官の国産兵器への不信感を拭えなかった結果とされる。

韓国防衛事業庁は26日、宋長官主宰で開かれた防衛事業推進委員会で「鉄鷹2性能改良量産事業」推進法案を確定し、「鉄鷹2」の量産契約を先送りすることを決めた。「鉄鷹2」の性能改良量産事業とは、敵航空機迎撃用国産ミサイル「天弓」をミサイル迎撃が可能な「中距離地対空ミサイル(MSAM)」に改良する事業だ。今回の決定により、「天弓」改良型の量産時期が延期されるだけでなく、量産規模も縮小される見通しが出ている。

今年6月に「戦闘用適合」判定を受けて開発が完了した「天弓」改良型は、コストパフォーマンスを問題視した宋長官の突然の見直し指示により一時事業の中断の危機に置かれたが、11月17日、防衛事業推進委員会が計画通り量産を推進するとした議案を議決した。

しかしこの時の決定内容には、「原案通り進めるが、修正契約は可能」とのただし書き条項が含まれていた。世論の批判もあり明確な説明なしに事業自体を白紙化することができないのであれば、物量だけでも減らそうとの宋長官の意図が反映されたものとの観測が一部で提起され、また一方では米国製の艦対空ミサイル「SM3」の導入に向けた布石ではないかとの疑念も出ていた。こうした背景があって今回、「必要な再検討を行った後に量産契約を行う」との案を国防当局が新たに決定したのだ。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「不足している部分を自ら改良して使っていかなければ自主防衛は遠のいていく」「多少不足したところがあっても、国産の武器を積極的に使用してこそ性能も改善されるし輸出も可能になるのに、まだ米国の武器を輸入しようというのか?」「兵器を開発するのに最初から最高の性能のものができるわけがないだろう」など、国産兵器開発をすべきとの意見が多く寄せられ、「米国の犬をいつまで続けるつもりだ?」と厳しいコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

金正恩氏を狙う韓国軍の斬首部隊、「暗殺の前に隊全滅」も懸念されるお粗末装備とは?=韓国ネット「生きて敵地侵入すらできないかも」

5日、韓国・文化日報によると、韓国軍当局が金正恩朝鮮労働党委員長ら北朝鮮指導部を狙う「斬首部隊」をこのほど創設したが、多目的ヘルメットすら備えていないというお粗末な装備の問題について指摘が出ている。写真は南北軍事境界線に位置する板門店。

Record china
2017年12月6日 11時40分
続きを読む

韓国が開発中の攻撃ヘリ、40年前の旧型より性能劣ることが判明=韓国ネットは「傑作ヘリと比べて実力が劣るのは当然」と寛容

9日、韓国軍が導入して40年が経過した攻撃ヘリコプター「コブラ(AH−1S)」の代替用として、韓国政府などが開発中の韓国型小型武装ヘリコプター「LAH」が、性能面でコブラに劣ることが判明した。資料写真。

Record china
2017年10月12日 6時20分
続きを読む

「韓国軍に慰安婦の導入が急務」韓国大統領府への請願が波紋呼ぶ=韓国ネット「日本との間で慰安婦問題を抱えているのに…」

20日、韓国・マネートゥデイなどによると、「軍内に慰安婦を再創設してほしい」との国民からの請願がこのほど韓国大統領府公式サイトに書き込まれ、波紋を呼んでいる。写真は在韓日本大使館前の慰安婦像。

Record china
2017年11月21日 10時50分
続きを読む

韓国が日米韓合同の軍事演習を拒否したのは「日本の姿勢」が理由?=韓国ネット「日本は信用できない」「米国は韓国をおまけ程度にしかみていない」

14日、韓国・SBSは、米原子力空母3隻が参加した日本海での訓練が当初、日米韓3カ国合同として計画されたものの、韓国軍の反対によって米韓と日米、別途の訓練となった背景について伝えた。資料写真。

Record china
2017年11月15日 10時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング