カルト取り締まりの当局担当官が上司を殺害=恨みか、刃物で数十回刺す―中国吉林省

配信日時:2018年6月13日(水) 18時30分
カルト取り締まりの担当官が上司殺害、刃物で数十回刺す―中国吉林省
画像ID  631480
中国共産党の吉林省委員会でカルト取り締まりなどを担当する幹部職員が8日、上司を殺害した。刃物を用いて事務所内で数十回にわたり刺したという。
吉林省長春市の警察当局は11日夜、共産党の省組織でカルト取り締まりなどを担当する部署の幹部職員が8日、上司を殺害したと発表した。降格されたことに対する恨みが動機で、刃物で数十回にわたり刺したという。

発表によると、犯行に及んだのは共産党吉林省委員会内でカルトの取り締まりを行う部署の1974年生まれの主任科員の男性。一方、殺害されたのは同部署トップの孫恒山主任で、61年生まれの男性。

事件を知った警察は吉林省長春市寛城区を中心に捜査を展開し、容疑者が市外に逃走できないようにした。容疑者は午後4時6分に寛城区内の警察署に出頭した。午後4時半になり被害者が搬送された病院から警察に、治療をしたが死亡したとの連絡があったという。

これまでの報道によると、犯行があったのは午後2時ごろで、孫主任は事務室に入ったところを襲われた。孫主任の体には刃物に刺された傷が数十カ所あったという。警察が捜査に力を入れたとする寛城区は共産党吉林省委員会の所在地で、犯行場所は勤務場所だったとする情報と整合性がある。

発表によると、容疑者の男は警察に対して2014年に降格されたことを恨みに思い、孫主任を刺したと供述しているという。

なお、「カルト」や「カルト集団」に対応する中国語は「邪教」「邪教集団」。日本で使われる「カルト」の語には反社会的な異常な信仰集団のイメージが強いが、中国では当局により信仰が認められる伝統宗教以外は、すべて「邪教」として扱われる。そのため、仮に社会全体と調和が可能である穏健な信仰だったとしても、新興宗教はすべて「邪教」として取り締まりの対象になる。(翻訳・編集/如月隼人
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事