韓国産のりの人気が世界で急上昇、最大の輸出国・日本への輸出も急増=韓国ネット「日本のも同じのりのはずなのに、どうしてあんなにまずいの?」

配信日時:2017年12月27日(水) 6時50分
韓国産のりの人気が世界で急上昇、最大の輸出国・日本への輸出も急増
画像ID  631459
26日、韓国ののりの輸出がここ数年で急増し、今年の年間輸出額が初めて5億ドル(約566億円)を超え史上最高額を更新したことが分かった。写真は日本で売られている韓国ののり。
2017年12月26日、韓国ののりの輸出がここ数年で急増し、今年の年間輸出額が初めて5億ドル(約566億円)を超え史上最高額を更新したことが分かった。韓国・ニューシスなどが報じた。

韓国海洋水産部は同日、韓国の今年ののり輸出額が20日の時点で5億ドルを突破したと、暫定集計の結果として明らかにした。同期間の輸出量は2万トンを突破し、金額・量ともに過去最高の業績という。

韓国ののり輸出額は2007年には6000万ドル(約68億円)にすぎなかったが、その後順調に伸び続け今年ついに5億ドルに達した。記事はこの成長の理由について、以前は韓国のほか日本などで主に「おかず」として消費されたのりが、最近は各国でポテトチップスやポップコーンなどに代わる低カロリーの健康スナックとして人気を集めている背景を説明している。輸出先は東南アジアや欧州にも広がり、07年当時の49カ国から今年は109カ国と10年で2倍以上に増えた。

輸出先別では日本が1億1300万ドル(約147億円)で全体の輸出額の2割以上を占め1位。次いで中国、米国、ロシアの順となっている。多くの輸出国で輸出額が前年から大きく伸びており、全体平均の対前年の伸びは46.3%、このうち日本は48.0%の大幅な伸びとなった。

近年の好調な業績を受け、海洋水産部は2024年までにのり輸出10億ドル(約1133億円)達成の目標を掲げた。これに向け、成長が早く病気に強いノリ新品種の開発と普及、乾のりの等級制度導入、のり(韓国語でキム)とビール(同メクチュ)を一緒に味わう「キムメク」を広めるプロジェクトなどを進めていく計画という。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「韓国ののりは止まらなくなるよね」「いつ食べてもおいしい」「のりがおいしいのではなく、韓国で作ったのりがおいしいんだよ」など、韓国ののりを改めて評価する声が多数寄せられている。

一方、これとは対照的に「日本や中国でのりを食べてみたけど硬過ぎて全然おいしくなかった。パリパリの韓国のりが世界で一番おいしい」「日本ののりは本当にまずい。同じのりのはずなのに、なぜあんなに硬くまずく作るのか不思議なくらい。韓国ののりを参考にしないのかな?」などの声があり、日本など海外ののりはすこぶる不評のよう。

またこのほか、「海外の反応がものすごくいいから、輸出はもっと増えるはず。でも海の水質とかきちんと管理しているのかな?」「水質や品質問題が一度出たらそこで終わりだ。前もってきちんとしておかなきゃ」と、品質管理に注意を促す意見も目立った。(翻訳・編集/吉金
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • kno***** | (2018/04/25 11:01)

    水質から来る汚染の問題がなく、おいしくて、安いのであれば、 試してみるかな。。。。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ste***** | (2017/12/27 15:37)

    こういう時こそマスコミが本領発揮すべきなのにねぇ。 誹謗中傷や捏造拡散に血道を上げるのがマスコミの本分ではないだろうに、なぜ真実を広めようとはしないのだろう。 朝鮮海苔がどのような環境で生産され、どのような場所で製品にされているのか。普通にありのままを報じればいいだけの話なのに、ただの一社もそういう「安全性の広報」記事を書かない。 まるで書くことが憚られる裏事情でもあるのかと勘ぐってしまうほどである。 『こんなきれいな海と清潔な工場で、働き者の朝鮮人の人々が日夜美味しい海苔を作ってるんですよ~』と広めてあげれば、買う方も安心して買うんじゃないの? ま、私のように一度でもあのおぞましい汚さの海を見せられた人間には、おいそれと信じることはできないだろうけどね・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • pik***** | (2017/12/27 14:09)

    薄っぺらで透けて見え、海苔の味が何もしない!化学調味料の味だけの物!身体に良くない!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<