日本の料理人が中国の大学の食堂でとんこつラーメン販売、あまりの人気ぶりにビックリ仰天!―中国メディア

配信日時:2018年5月7日(月) 10時20分
日本の料理人が中国の大学の食堂でラーメン販売、人気すぎて仰天!
画像ID  631379
5日、中国新聞網は、日本の料理人が中国の大学の食堂でとんこつラーメンを提供したところ、大人気になったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年5月5日、中国新聞網は、日本の料理人が中国の大学の食堂でとんこつラーメンを提供したところ、大人気になったと伝えた。

報道によると、上海の同済大学はこのほど、立命館大学の料理人を呼んで「美食フェスティバル」を開催。立命館大学の料理人が作るとんこつラーメンが学校の食堂で1杯10元(約170円)で販売された。このラーメンは中国の学生に大人気となり、食堂には長蛇の列が出現。わずか1時間で500食を販売したという。日本から来たという調理師は「ちょっと驚いています。これだけ並んでもらってうれしく思っています」と語っている。

これに対し、中国のネットユーザーから「10元というのは本当に安い。学校の食堂は天国だな」「10元は安すぎる。行列ができて当然だ。外で日本のラーメンを食べると30元(約500円)はする」「やはり安いのが一番。日本だったら50元(約850円)はする」などのコメントが寄せられた。

また、「中国に来たというのは正解」「中国人の人口ボーナス(人口が多いことによる利益)を実感しているだろう」といった声や、「つまりこれは普段の食堂がいかにひどいかを示している」との意見も見られた。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事