Record China

ヘッドライン:

インドメディアが選ぶ世界で最も醜い建物トップ10、中国からランクインしたのは…―中国メディア

配信日時:2017年12月30日(土) 6時0分
拡大
26日、中国のポータルサイトの今日頭条にこのほど、「インドメディアが選出した世界で最も醜い建物トップ10に中国からあろうことか1つがランクインした」とする記事が掲載された。写真は中国の「方円ビル」。

2017年12月26日、中国のポータルサイトの今日頭条にこのほど、「インドメディアが選出した世界で最も醜い建物トップ10に中国からあろうことか1つがランクインした」とする記事が掲載された。

記事によると、ランキングはインドの生活・旅行関連サイトが掲出したもので、北朝鮮の首都・平壌にあるピラミッド型105階建ての超高層ホテル「柳京ホテル」が1位に選ばれた。

2〜8位は順に、アラブ首長国連邦のドバイにあるアトランティス・ホテル、巨大なバスケットの形をした米ザ・ロンガバーガー・カンパニーの本社ビル、家が弾丸のように飛んできて衝突したデザインで「ハウスアタック」とも呼ばれるオーストリア・ウィーンにあるルートウィヒ財団近代美術館、スペイン・バルセロナのグエル公園にあるアントニ・ガウディ作の門番小屋、インド・デリーにある蓮の花をかたどったロータス寺院、アラブ首長国連邦のアブダビにある「世界一傾いている建築物」キャピタルゲートビル、米シアトルにある建築家フランク・ゲーリーによる鉄でできた奇妙な音楽博物館が選ばれた。

そして9位に選ばれたのが、中国遼寧省瀋陽にある「方円ビル」。台湾の著名な建築家、李祖原氏が設計したものだ。

10位はナマコのようにも見えるオーストリアのクントハウス・グラーツ美術館だった。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング