<中国人観光客が見た日本>成田空港に到着早々、財布をなくして顔面蒼白!でもその後にミラクル発生

配信日時:2018年1月6日(土) 5時50分
成田空港に到着早々、財布をなくして顔面蒼白!でもその後にミラクル
画像ID  630991
中国ネットユーザーが初めての日本旅行での驚きの体験についてブログにつづっている。写真は作者提供。
中国ネットユーザーが初めての日本旅行での驚きの体験についてブログにつづっている。以下はその概要。

その他の写真

ANAに初めて乗ったが、客室乗務員は顔もサービスもユナイテッド航空よりずっと良かった。でもフライトの前半は揺れが激しく、もう少しで酔うところだった。気分が悪くなりまったく食欲が出ず、機内食も眺めるだけだった。今回の飛行機は客が少なかったため、私と2人の娘は座席を広々と使うことができた。

飛行機は15時40分に成田空港第1ターミナルに到着。あらかじめ調べた情報によると、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル直通のリムジンバスは16時10分以降、1時間1本出ている。だから理屈の上では17時10分のバスに乗れるはずだ。

飛行機を降りて、指紋を取り、入国審査を通って、荷物検査とすべて順調だ。出口の右手にtrain ticketとbus ticketの大きなカウンターがある。ここで17時10分のチケットを購入。1人1800円、娘は6歳以下だからチケットを買わなくてもいいのだが、抱っこしなければいけないので、半額の900円でチケットを買った。

その後、ミラクルな出来事が始まった。あらかじめ予約しておいたモバイルWifiを成田空港で受け取ったのだが、予約の紙をカバンから出す時に財布を落としてしまったようだ。モバイルWifiを受け取り、娘に飲み物を買ってあげようとした時に、財布がないことに気が付いた。

その時の気持ちは、落ち着かなくて魂が抜けたかのよう。すべてのクレジットカード、免許証、出発前に両替した10万円、それに小銭の米ドルが入っていた。私は熱した鍋の上のアリのように焦ったが、わずかに残っていた理性がインフォメーションの女性を見つけ、泣きそうな顔で走り寄って財布を見なかったかと尋ねた。

インフォメーションの女性は、とても落ち着いた様子で財布の色などを尋ねてきた。いくつかの質問に答えた後、私の財布が戻ってきた!誰かが財布を拾って届けてくれたのだという。なんてことなの!本当に本当にうれしくて涙が出そうになった。財布を拾って届けてくれた人には心から感謝している。

成田空港の第1ターミナルの到着フロアにはたくさんのバス停があるが、表示がはっきりしている。私たちはDisney Resort行きの5番バス停だが、どの便かをよく見る必要がある。でもよく分からなくても大丈夫。バス停には係りの人がいてチケットや荷物の数を確認し、荷物をきれいに並べてくれる。係りの人が荷物を載せてくれるので、バスが来たら直接乗車すればいいだけだ。日本のサービスの理念と態度は本当に言葉が出ないほど素晴らしい!

バスは成田空港からシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルまでだいたい1時間半ほどだ。到着した時には2人の娘は熟睡していた。私は下の娘を抱っこし、同じバスの人が手伝ってくれ上の娘を抱っこして降りた。上の娘はまだ寝ぼけ眼だったが、「私のbackpackは?」と聞くのを忘れなかった。その一言で我に返った!ちょうどバスが出発するところだったが、友人が走ってバスを叩いたので、運転手はバスを止めてくれ、上の娘のカバンとカメラを取るすることができた。

いろいろなことがあった1日で、私は両目が開かないほど疲れてしまった。ホテルで食べるところを探して、特別おいしいわけでもない食事をとって1万円ちょっとだった。これは今日の思いがけない出来事の後の清算ということで。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事