Record China

ヘッドライン:

日本では自販機さえも中国人の「爆買い」に備える―中国メディア

配信日時:2017年12月28日(木) 8時50分
拡大
25日、日本を訪れる中国人観光客による「爆買い」は一時の勢いはなくなったとはいえまだまだ続いている。中国メディアのTechWebは、そうした中国人観光客に日本からグッドニュースが飛び込んできたと伝えている。資料写真。

2017年12月25日、日本を訪れる中国人観光客による「爆買い」は一時の勢いはなくなったとはいえまだまだ続いている。中国メディアのTechWebは、そうした中国人観光客に日本からグッドニュースが飛び込んできたと伝えている。

記事によると、「お〜いお茶」などでおなじみの伊藤園は、日本のネオス株式会社と共同で、中国で広く普及しているスマートフォンでのモバイル決済方法「ウィーチャットペイ(微信支付)」に対応した新しい自動販売機を開発し、12月より成田空港近くの宿泊施設などに設置を開始した。

自販機の商品ボタンを押すとディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンで読み取ることで決済が完了する。

伊藤園は今後、空港や観光スポット、ホテルなど外国人観光客がよく訪れる場所への設置に力を入れるという。記事は「日本では来年の夏前にこのような自販機が100台設置されることになる」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<現地ルポ「創新・中国」(上)>世界に先駆け出現した「超キャッシュレス社会」=シェア経済が開花―チャンスは無限大だが、リスクも

中国を取材し、「キャッシュレス社会」への変貌ぶりに驚かされた。スマホ人口はおよそ9億人。商店街でも地下鉄車内でもスマホが溢れ、銀行ATMはどこも閑古鳥が鳴いていた。スマホは個人の身分証明書の役割も果たし、シェアエコノミーが大はやりである。写真は上海市内。

八牧浩行
2017年10月21日 5時0分
続きを読む

ランキング