<土石流事故><続報>500人以上が生き埋めか、原因は鉱山の違法操業―山西省臨汾市

配信日時:2008年9月9日(火) 21時19分
<土石流事故><続報>500人以上が生き埋めか、原因は鉱山の違法操業―山西省臨汾市
画像ID  158695
9日、前日8日に山西省臨汾市襄汾県で発生した土石流による事故は、鉱山の違法操業が直接的原因であることが分かった。これまでに犠牲者は34人にのぼり、500人以上が生き埋めになっているとの情報も出ている。写真は事故の救出現場。
2008年9月9日、前日8日に山西省臨汾市襄汾県で発生した土石流による事故は、鉱山の違法操業が直接的原因であることが分かった。新華社が伝えた。

その他の写真

現場で救助活動にあたっている事故指揮部が明らかにした。初期調査によると、鉱山の鉄鋼くず置き場には規定を超えた大量の鉄鉱くずが積まれていたが、土石流によりそれが崩壊し、被害が大きくなったと見られている。また、鉱山自体が違法操業であったことも分かっている。

9日午前3時(現地時間)の発表では、事故による死者は34人、負傷者は35人にのぼっている。また、香港の人権団体・中国人権民主化運動情報センターは、500人以上が生き埋めになっていると伝えている。(翻訳・編集/TH)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事