東京の小学校に通う娘に「日本を離れたら何が恋しい?」と聞いてみたら…―中国人記者

配信日時:2017年12月18日(月) 8時40分
「日本を離れたら何が恋しい?」と娘に聞いた結果―中国人記者
画像ID  621287
16日、中国メディアの新華社が、日本の給食について紹介する記事を掲載した。
2017年12月16日、中国メディアの新華社が、日本の給食について紹介する記事を掲載した。

記事は、中国人記者が、東京の公立小学校に通う小学3年生の娘に「もし日本の学校を離れなければならないとしたら、なにを恋しく思うか?」と尋ねたところ、真っ先に「給食!」と答えたことを紹介。給食は子どもの心をがっちりとつかんでいると紹介した。

この記者の娘は、毎週月曜の午後は別の学校で日本語を学んでいるため、毎週月曜の昼に教室まで娘を迎えに行くという。そこで目にする給食時の風景について、「4人1組になって机を向い合せにして食べており、食後の食器類は種類別に分けて一緒にし、当番の児童が片づける。他の生徒は机を元に戻したり、掃除をしたりするなどし、きびきびと動いている」と伝えた。

記者の娘は、北京の学校給食との違いについて「日本の給食は手が込んでいて、トレーにお椀や皿があって、正式な食事という感じがする。北京の給食はファストフードのようで、弁当のような感じ」と感想を述べたという。

記者は、「日本の学校は給食を通して、日本の伝統文化を継承することを重視しており、メニューには和食が多い」と分析。献立表には栄養価のほか材料の産地も明記されており、教室に貼りだされていて、もし問題が発生したら、すぐに追跡調査できると紹介した。

そして、日中双方の給食を経験した娘の様子から、記者は「日本の給食制度はわれわれが学ぶに値するものだ」と感じたという。特に、食品安全が徹底しており、問題が発生したとしても原因を究明し正すことができることや、栄養バランスがとれていて、子どもたちの好みでありつつ親も安心できるメニューであることを高く評価した。

記事は最後に、給食そのもののほか、学校は昼食を通して子どもに参加する意識や責任感、感謝の心を培わせていると分析。昼食は単に腹を満たすためのものではなく、秩序と伝統という意味合いを含んでいるのだと結んだ。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/07/19 22:06)

    日本の小学校の給食は、日本料理だけではなく世界各国の料理を取り入れられている。 ただ子供達という以前に日本国民が子供の頃から当たり前に中華料理も主食として食べて来ているから何の違和感も無く食べる。 日本人でも何でと思うのが牛乳だご飯が出る事もざらになって来たのに当たり前に牛乳は必ず毎日出る。 因みに僕が子供の頃ソフト麺が大人気だったのにご飯が昼に出る様になったのを思い出す。 当事同じクラスに中国人の友人も居たが子供だから日本語話せるから別に生まれた国の事は余り気にしていなかった。 子供だから友達の家に行ったら中国語を喋る友人の母親を観て外人だと思わず言ってしまった。 しばらくして友人が隣町に引越しする事が決まって泣きながら友人の母親に外人と言ったから機嫌悪くしたのだと思って謝りに行った。 大人の世界では有名な話で大型工場が隣街に出来たからなのだと知った。 引越しはしたが転校しなかった。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<