Record China

ヘッドライン:

並んでも行きたい上海のスタバ「ロースタリー」!世界最大スタバを体験!

配信日時:2017年12月19日(火) 21時20分
拡大
12月5日オープン以来、巷で何かと話題のスターバックス ・リザーブ・ロースタリー・シャンハイ。
(1/11枚)

2017年12月5日オープン以来、巷で何かと話題の「スターバックス ・リザーブ・ロースタリー・シャンハイ(Starbucks Reserve Roastery Shanghai)」。

その他の写真

世界最大と称される店舗面積と平日でも2時間以上の行列ができることで、現地のSNSでも度々話題となっているスターバックスの高級店。スタバファンでなくても注目してしまう話題性だが、どれだけ魅力ある店舗なのか、行列に並んでみた。

平日でも2時間以上の行列が当たり前らしいが、運が良ければ30分ほどで入店できる時間帯もある。店内でドリンクを楽しむのだから、回転率はあまり良いほうではないと思うが、物見遊山気分の人も多いようで、行列の時間が予想以上に短い。上海では食事の時間帯に人気店で1、2時間待つことはざらなので、時間感覚としてはあまり長く感じず、寒空にも並ぶ人はあとをたたない。

店内に入ると、おしゃれな音楽がかかり、客の熱気と巨大な焙煎施設が目をひく。1階は限定商品がところせましとテーマごとに並び、奥にカウンターが見える。外で並んでいるときにスタッフが「カウンターごとに提供しているドリンクが違うので、いろいろお試し下さい」と紹介していたが、アルコール飲料を扱うバーカウンターや長さが自慢のコーヒーカウンターなど目移りするほど魅力的だ。

ただ、カウンターは人気のようで、数少ない席は常に人でうまっている。100種類以上のメニューがあると紹介されるが、好みのドリンクにたどりつくのは至難の業のようだ。

もちろんテーブル席もあるが、やはり、ここではカウンター席がおすすめ。スタッフとの会話が楽しめ、店内や商品についても紹介してもらえるので、初めて入店したときは、まずカウンターで一杯飲みながら、情報収集するのも理想的な過ごし方だ。

2階には、ティーメニューを専門に扱うカウンターがある。アートのような空間の中、やはりコーヒーを楽しむ人が多いので、ティーメニューの認知度はこれからだろう。

さて、ドリンクメニューも充実しているが、自家製フードも女性に人気。ケーキなどスィーツ類はぜひとも食べたいメニューで、価格はやや高めの設定だが、洗練された高級感ある味は一度食べたら、リピートしたくなる。

どれをとっても豪華すぎる店内だが、何時間でもいられる、落ち着いた空間づくりはさすがスタバというべきか。人込みの喧噪ですらBGMの一つとなり、心地よく響く。当然1回の入店では満喫しきれず、リピーターが増えるのもうなずける。

行列に並びたくないけど、入りたいという人には、早朝がベストタイムだ。スタッフによると狙い目は朝の7時から9時。早朝は比較的人も少なく、あまり並ばずに入店できるとのこと。寒さに負けずに早起きすれば、らくに世界最大のスタバを体験できる。

また、施設や限定メニューなどの話題性以外に、キャッシュレス社会が進む上海で、店内でもほとんど現金取引が見られず、ほぼスマホ決済なのが印象的だった。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海のスタバ・ロースタリーを体験」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

人気のグオクイは食べ歩きにぴったりのB級グルメ!

「小吃」は主に小さな店や屋台で食べる料理で、手軽に食べることができ、また値段も安い。地方によって、地元ならではの「小吃」があるので、日本でいうところのB級グルメにあたる。人気のあるジャンルで、レストランのメニューにもある。

フライメディア
2017年12月11日 21時20分
続きを読む

早くもクリスマスシーズンの到来!今年の上海のクリスマストレンドは?

上海のクリスマスシーズン到来が年々はやまっている。かつては12月中旬になってようやくディスプレイを始めていた上海の街並みも、ここ数年で12月初旬、11月下旬と早まってきて、今年は11月に入ると、すぐにクリスマスディスプレイを見るようになった。

フライメディア
2017年11月20日 21時30分
続きを読む

ランキング