Record China

ヘッドライン:

米国大学院への進学率で世界トップに―中国

配信日時:2008年8月25日(月) 8時32分
拡大
1/3枚
2008年8月22日、米国大学院理事会の調査によると、諸外国からの米国大学院の修士・博士課程への進学が3年連続して増加しており、中でも中国からの留学生数が全体の16%を占め、最多であることが分かった。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

米国への留学生で上位を占めるのはインド、中国、韓国で、全体の半分を占める。これまではインドからの留学生数が最多だったが、今年は留学申請、留学ともに2%減少。韓国は昨年より3%減少した。このほか、特筆すべきは中東からの入学申請が14%と高く、留学生は全体の6%を占めた。

しかし、この3年間で海外からの留学生数は減少傾向にある。07〜08年の1年間の伸び率はわずか4%で、前年度の8%、前々年度の12%より低くなっている。

なお米メディアが22日に発表した最新の全米大学ランキングによると、名門ハーバード大学がトップを死守した。次いで2位プリンストン、3位イエール、4位マサチューセッツ工科大学とスタンフォード大学と続く。カリフォルニア大学バークレー分校は公立大学で1位に、アマースト大学、ウイリアムス大学は文系のトップとなった。(翻訳・編集/汪葉月)

関連記事

<留学先>人気トップは米国がダントツ―中国

17日、中国人学生が留学先を選ぶ理由が多様化していると、英BBCが報じた。人気の留学先国は依然として米国だが、学位の認可率も、留学先を選ぶ大きな要素になっているという。写真は6月14日、南京市での留学説明会。

Record China
2008年7月19日 10時13分
続きを読む

格差社会にあえぐ留学生、生活に雲泥の差―香港

7月4日の報道によると、競争の激しい香港では、現地で学ぶ留学生にも生活の格差をもたらしている。小遣いだけで1か月2万元以上の学生もいれば、1500元の生活費で過ごす者も。写真は香港での北京五輪聖火リレー。

Record China
2008年7月6日 16時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング