韓国で売られている日本車のカーナビで「竹島」はどう表示される?

配信日時:2018年8月16日(木) 22時20分
韓国で売られている日本車のカーナビで「竹島」はどう表示される?
画像ID  621011
16日、韓国・朝鮮ビズは、「日本車のカーナビで独島を検索したら?」との見出しで、その結果を伝えた。写真は韓国の駐車場。
2018年8月16日、韓国・朝鮮ビズは、「日本車のカーナビで独島(竹島の韓国名)を検索したら?」との見出しで、その結果を伝えた。

記事は、「歴史問題により日韓関係が悪化すると、韓国国民の怒りの矛先は日本車に向けられる」と紹介。2005年に島根県が「竹島の日」を制定した時、韓国では日本車の契約取り消しが相次いだ。当時、韓国輸入車市場でBMWとトップを争っていたトヨタのレクサスは2位となり、その後も売り上げ不振が続いたという。2006年には、レクサスのカーナビで「独島」が検索できないとの情報が広まり、不買運動に発展。これにより、17%台だったレクサスの輸入車市場シェアは、2007年初めに12%台に急減したという。

記事は、「独島は車で行けない場所であるため、カーナビに位置を表示する必要はないが、韓国では全ての自動車メーカーが慣行的に表示している」とし、「独島が韓国領であることを示す象徴的な意味があるため」と説明している。その上で、日本車ブランドの現状について「トヨタ、ホンダ、日産など韓国に進出している全てのカーナビで独島が表示され、検索も問題なくできる」と伝えている。これは、日本車ブランドが「カーナビの韓国化戦略を採択しているため」だという。

トヨタは2011年から、韓国のLG電子と共に韓国販売用モデルに搭載する「韓国型ナビ」を開発し、全車種に装着している。輸入車業界関係者は「韓国で独島は、愛国心の象徴ともいえるため、意図しない小さなミスが販売量の減少につながりかねない。そのため2006年以降は、カーナビがアップデートされると最初に独島が表示されるかどうか確認している」と話したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「日本を象徴する企業のトヨタが独島を認めたということは、日本が独島を韓国領と認めたと言ってもいいのでは?」「良かった。韓国国民には、国土を今の大きさのまま後世に引き継ぐという義務があるから」との声が上がる一方で、「日本車を売るために仕方なく独島を表示している、というニュアンスに聞こえる。独島は韓国なのに」と不満げな声も見られる。また、「それでも日本車は買わない。日本で韓国車が走っているのを見たことがある?」「日本車には抵抗がある。韓国の自動車メーカーは技術をもっと向上させて!」など、日本車自体に抵抗感を示す声も。

そのほか、「韓国国民は独島が韓国領であることを必死に訴えているが、韓国政府は平昌五輪の時、日本に遠慮して統一旗に独島を描かなかった。日本がそれを理由に領有権を主張してきたらどうする?」と、領土問題をめぐる韓国政府の対応を批判する声も上がっている。

一方、「なぜカーナビに独島を表示させる必要がある?」「それよりも、なぜ日本には雇用があふれているのか、根本的な原因を分析し、どうすれば韓国もそうなれるのかについて研究してほしい」と無関心な声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事