Record China

ヘッドライン:

高校生3人死亡の韓国ペンション事故は人災?ボイラー配管外れ、警報機もなし

配信日時:2018年12月19日(水) 16時10分
拡大
2018年12月18日、韓国・中央日報は、韓国のペンションで大学入試を終えたばかりの男子高校生10人が倒れているのが発見された事件について「人災の可能性がある」と指摘した。

韓国北東部・江陵にあるペンションで同日、男子高校生10人が倒れた状態で見つかり、そのうち3人は死亡が確認された。

記事によると、この事件を捜査中の警察は「高さ1.5メートルのガスボイラーと排気口をつなぐ配管が外れていた」とし、「排気ガスが外部に排出されず事故につながった可能性がある」と明らかにした。また肉眼で確認したところ、同ペンションにはガス漏れの警報機が設置されていなかったという。

事故直後、現場からは通常の約8倍の濃度の一酸化炭素が検出された。また現場の目撃者は「救急車に乗せられていく高校生の多くが口から泡を吹いていた」と証言しており、専門家からは「一酸化炭素中毒」を指摘する声が出ていた。そのため「警報機が設置されていれば被害拡大を防ぐことができた」との主張も上がっているという。

これに、韓国のネットユーザーからは「オーナーは配管の点検もしていなかったのか?。オーナーとしての資格がない」「稼ぐことばかり考えて安全は後回しだったの?。ペンション運営許可条件を強化してほしい」などペンションのオーナーに批判的な声が寄せられている。

一方で「高校生たちの前にその部屋を利用した人はいなかったの?」「今年の冬初めてガスをつけたということ?」「ペンションはできて間もなかったのか?。故意の事故では?」など疑問の声も。

また大統領の責任を追及する声も多い。「国内の問題に無関心な大統領のせいだ」「安全な国を叫んでいた文大統領は、こういう惨事の現場に姿を見せたことがないね」「文大統領が就任してから事件、事故が相次いでいる。北朝鮮の暮らしは良くなる一方なのに…」とする意見の他、14年4月に起きたセウォル号惨事と関連付けて「なぜ建築上の問題やペンション側の責任にする?。セウォル号の時は大統領に責任を押し付けたでしょ?」「もしこれがオーナーの責任なら、セウォル号もオーナーの責任だ」との意見も見られた。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

ソウル地下鉄で起きたホームドア死亡事故、典型的な人災だった?=韓国ネット「韓国人はみな安全不感症」「韓国のせっかち文化が生んだ惨事」

28日、韓国メディアによると、10月にソウル地下鉄5号線の金浦空港駅で発生した、30代の乗客がホームドアに挟まれ死亡した事故について、韓国警察が「運転士と管制官がホームドアの操作方法を知らなかったために発生した」との結論を出した。写真は金浦空港。

Record china
2016年12月28日 19時30分
続きを読む

韓国・仁川空港のセキュリティーに疑問、外国人密入国事件は「人災だった」との声も=韓国ネット「情けない」「世界最高の空港と言われていたのに」

31日、韓国メディアによると、世界中でテロの脅威が高まっている中、アジア最大級のハブ空港、韓国・仁川国際空港のセキュリティーを疑問視する声が相次いでいる。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は仁川国際空港。

Record china
2016年2月1日 12時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング