Record China

ヘッドライン:

スマホ普及率で韓国が世界一、中国は15位=中国ネットは「これはおかしい」「中国が上位3位に入らないわけがない」と納得いかず

配信日時:2018年6月27日(水) 9時10分
拡大
2018年6月25日、財経網は、スマートフォンの普及率で韓国が世界一となったと伝えた。

記事は、「米ピュー研究所が発表した最新の報告によると、スマートフォンの普及率で韓国が世界一となり94%だった。これはつまり、韓国人の10人に9人がスマートフォンを使用していることになる」と伝えた。

これは、17年2月16日から5月8日の期間、37カ国の4万448人を対象に行った調査の結果で、2位はイスラエルの83%、3位はオーストラリアの82%で、4位以下は順にスウェーデン、オランダ、レバノンの80%、スペインの79%、米国の77%、ヨルダンの76%、チリ、英国、ドイツの72%となった。中国は68%で15位となり、日本は59%で21位と中国より下だった。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはおかしい。1位か2位であってしかるべき」「この統計は間違っているに違いない。うちの田舎ではおじいちゃんもおばあちゃんもみんなスマホを使っているぞ。上位3位に入らないわけがない」など、この結果に納得がいかないというコメントが多く寄せられた。しかし、「中国の潜在的な市場はまだ大きいという意味だろう」という意見もあった。

中には「普及率ではなく台数で数えるべき」という主張もあったが、人口の多い中国では台数が最も多いことに違いはないだろう。また、「日本ではまだかなりの人がガラケーを使っているらしい」というユーザーもいたが、確かに日本ではガラケー需要が根強いといわれる。全体的には、多くのユーザーが実感として中国の普及率はもっと高いはずだと感じたようだ。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国内シェアが好調のサムスン、課題は世界市場=韓国ネット「それでは意味がない」

1日、韓国メディア・ソウル経済によると、今年第1四半期の世界のスマートフォン市場で不調だったサムスン電子が、韓国内市場では65.3%のシェアに達した。記事は、3月に発売されたギャラクシーS9シリーズがシェアを引き上げたためと分析している。資料写真。

Record China
2018年6月6日 5時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング