【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本車の「畑」であるベトナムで韓国車の売り上げ好調=韓国ネットはあの人物に注目

配信日時:2018年12月26日(水) 10時0分
韓国人監督の効果?日本車の「畑」であるベトナムで韓国車の売り上げ好調
画像ID  620986
20日、韓国・デジタルタイムズはこのほど、現代起亜車が日本車メーカーの「畑」であるベトナムで売り上げを伸ばしている実態について報じた。写真は現代自動車の販売店。
2018年12月20日、韓国・デジタルタイムズは、現代・起亜車が日本車メーカーの「畑」であるベトナムで売り上げを伸ばしている実態について報じた。

記事はベトナムについて「トヨタやホンダなど日本車メーカーの畑」とし、その中での韓国車の好調ぶりを伝えている。現代車グループによると、現代・起亜車は今年1~11月のベトナムでの販売数が昨年同期比41.28%増の8万9542台を記録した。うち現代車が101.32%増の5万548台、起亜車が1.89%増の3万8994台だった。

記事は「成長が鈍ってきた主要先進国に代わり、ベトナムを軸にしたASEAN地域は今後、現代・起亜自動車の成長のカギを握る」と伝えている。現代自動車グローバル経営研究所では、今年の世界自動車販売が昨年より0.2%増の9244万台を記録すると見込んでいる。ブラジル(13.8%)やロシア(13.4%)、ASEAN(6.1%)が販売成長をけん引すると予測、また世界最大市場とされる米中は4.1%減少、残りの地域は0%台の成長にとどまるものと見ている。来年も今年より0.1%増の9249台と見込んでおり、インド(7.6%)、ブラジル(7.6%)、ロシア(8.6%)、 ASEAN(4.6%)などは成長を維持するものと予想しているという。

同研究所のイ・ボソン常務は「ASEAN市場は攻略が難しい市場の1つ」としながらも、「ベトナムの場合は日本企業が参入しなかった市場。最近の韓国人気が効を奏した上、CKD(コンプリート・ノックダウン…部品製造以外の複雑な工程を現地で行うもの)がシェアを高めるきっかけとなった」と説明したという。

現代自動車は現在、ベトナムで年間生産量5万台規模のCKD工場を運営。インドネシアにも20万台規模の工場が建設されれば、ASEAN地域だけで25万台の生産能力を備えることになるという。記事は「東南アジアの自動車市場はトヨタなど日本企業のシェアが80%を占めているが、今後現代・起亜車との競争が激しくなる見通し」と伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「東南アジアへの進出が成功すればいいけど、私は(売り上げアップが)貴族労組を助けてるような気がしてならない」「現代・起亜車のことを叩く人が多い中でこれはすごい。イスラエルでは日本車より売れてるよ」「これを機にイメージ管理をしっかりしてアジア市場を先導して。世界一の製品をつくればぐんぐん成長するだろう」などさまざまな声が上がっている。

また、東南アジア選手権(スズキ杯)でベトナムを10年ぶりの優勝に導いた“朴恒緒(パク・ハンド)監督効果”を指摘する声も多く、「政治家や経済人ができないことをパク・ハンソ監督がやってくれた!」「現代自動車はパク・ハンソ監督に感謝した方がいいよ」「パク・ハンソ監督を広告モデルにしたら?そうすれば売り上げがもっと上がるだろう」「韓国もたくさん車を売って朴監督と共に韓国を盛り上げて」などが見られた。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事