Record China

ヘッドライン:

中韓の大気汚染対策に大きな差=断行の中国、場当たり的対応しかない韓国―中国メディア

配信日時:2018年4月2日(月) 13時40分
拡大
頻発するスモッグで市民生活にも支障が出ている韓国では、その原因を中国に求める声が高いが、メディアの伝え方が変わりつつある。写真は韓国。

2018年4月1日、中国メディア・観察者網によると、頻発するスモッグで市民生活にも支障が出ている韓国では、その原因を中国に求める声が高く、大統領府のウェブサイトには「中国に抗議すべきだ」との要望が集まっている。

韓国メディアも「中国からスモッグが飛来してくる」と繰り返し報じてきたが、その報道内容が徐々に変わりつつある。「韓国国内にも何らかの原因があるのではないか」と見るようになっているという。

韓国紙・京郷新聞は、「中国は大気汚染解消に向けて法規制を強化し、処罰も行ってきたが、韓国では場当たり的な対処しかしていない」と指摘。中国ではここ数年でスモッグ発生を大幅に減らしており、韓国はその対策から教訓を得るべきではないかと伝えた。

統計では、中国の主要都市における大気中の微小粒子状物質PM2.5濃度はここ数年で30%以上減少した。北京や上海では35%以上減り、平均寿命は2年以上伸びたという。

一方、韓国政府は車両の通行制限を行い、人々に公共交通機関の利用を奨励し、汚染源と思われる工場稼働の停止を求めたりする「緊急措置」を出したが、記事は「いずれも一時的な措置でしかない。しかもあくまで勧告であり、強制ではなく、実際に効果があるのかどうかも知れない」とした。

韓国・亜洲大学校の予防医学専門家は、韓国政府のずさんな対応は国民の誤解を招くだけでなく、人々の健康を阻害することになると厳しく批判しているという。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

たった1万円をケチった?放火が続く韓国の文化財、その管理実態が物議=「税金はどこに使われてるの?」「むしろ外国に任せた方が…」―韓国ネット

30日、韓国メディアはこのほど、今月初めに発生した大韓民国指定宝物第1号の興仁之門、通称東大門の放火事件について「月10万ウォンを節約したことが原因となった可能性がある」と報じた。写真は韓国ウォン。

Record China
2018年3月31日 7時30分
続きを読む

ランキング