人口問題で国難に陥る日本―華字紙

配信日時:2018年2月19日(月) 5時0分
人口問題で国難に陥る日本―華字紙
画像ID  618857
13日、日本新華僑報は、「人口ボーナスを食い尽くした日本が深い国難に陥っている」とする蒋豊(ジアン・フォン)編集長のコラム記事を掲載した。写真は日本人。
2018年2月13日、日本新華僑報は、「人口ボーナスを食い尽くした日本が深い国難に陥っている」とする蒋豊(ジアン・フォン)編集長のコラム記事を掲載した。以下はその概要。

人口が減少し続ける日本にもかつてはベビーブームがあった。戦後間もなく起きたベビーブームに生まれたいわゆる「団塊の世代」は、物が不足する困窮の中で幼年時代を過ごし、日本再興という強い使命感を抱きながら成長した。そして大人になると「企業戦士」となり、当たり前のように深夜や週末の残業をこなし、戦後の高度経済成長の原動力となったのだ。

彼らの存在により、1955年から1973年までの19年間、日本はGDP成長率10%以上を記録し続ける。世界に名だたる企業が数多く生まれ、生産活動が加速したほか、1億総中流と呼ばれる安定した社会の実現と、消費の拡大とレベルアップが進んだ。

しかし、今の少子高齢化の日本は団塊世代がもたらした「人口ボーナス」を失っており、国内の各界からは「国難」との声も出ている。厚生労働省のデータによると、2017年の日本の出生者数は94万1000人で1899年以降最低になったという。15−64歳の生産年齢人口もこの20年で1000万人減少した。

人口の現象は、農業、建築業、物流業などに深刻な人手不足をもたらしている。ロボットの導入が進む介護分野でも、高齢化による需要増に労働力が追いつかない。そして日本の支柱産業である第3次産業でも、サービス水準を保つのが非常に難しい状況だ。

労働力不足を補うべく、日本政府は「働き方改革」を提起し、女性や高齢者の雇用、企業従業員の副業を奨励。また、定年退職年齢の引き上げなどで「70歳まで現役」の社会づくりを進めている。しかし、国民の出産・育児に対する考え方が根本的に変わり、出生率が高まらない限り、日本の人口減少問題は完全解決できないのだ。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2018/02/19 15:12)

    これまでの中国の「一人っ子政策」~今日の「二人っ子政策」は 人口問題(国難問題/人口過剰~人口減少対策)であるに他ならない。 中国は それまでの「一人っ子政策」による人口減少がタイムラグ(時間差/時間遅れ)を伴って今後やって来るに過ぎない。 本来、人口増加(過剰)でも人口減少(不足過ぎ)でも どちらか(両極/極端)でも滅亡する微妙な自然界のバランス上に人間/人類は成り立っているだけに過ぎない。 
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ken***** | (2018/02/19 07:12)

    10年以上前に日本で書かれた人口問題と経済に関する本の内容の受け売りなのだが、あたかも自分が見てきて考えたような口ぶりの編集長コラム。その本やそれらの本には近い将来人口激減問題は中国にも襲いかかり、あのインドですら50年もすれば同様に人口現象問題から逃げられなくなる!って書いて有っただろう? 書籍の受け売りでも、そこのところをキチンと自分で考えて中国はどうすべきなのか?解決策などを披露しなければ編集長コラムとは呼べないな!中学生の読書感想文レベルですね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/02/19 06:43)

    中国はもっと酷くなる。^^他国の心配している場合か?^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事