【募集中】韓国語社内スタッフ

「日本はこの分野はスマホ決済同様遅れている」「別に気にならない」=中国ネットが指摘する日本の街の特徴とは

配信日時:2019年5月9日(木) 22時30分
中国ネットが指摘する日本の街の特徴とは
画像ID  618854
8日、中国版ツイッターで複数のアカウントが、日本の国土交通省が公開した欧米やアジアの主要都市と日本の無電柱化の現状比較のデータを転載し、中国ネットで話題となっている。
2019年5月8日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で複数のアカウントが、日本の国土交通省がウェブサイト上で公開した欧米やアジアの主要都市と日本の無電柱化の現状比較のデータを転載し、中国ネットで話題となっている。

国土交通省ウェブサイトの「無電柱化の整備状況」では、「ロンドン・パリなどのヨーロッパの主要都市や香港・シンガポールなどのアジアの主要都市では無電柱化が概成しているのに対して、日本の無電柱化率は立ち遅れている」とされている。ロンドン、パリ、香港は無電線化率が100%なのに比べ、日本は東京23区で8%、大阪市で6%(国土交通省調べによる2017年度末の状況)と低い水準だ。

このデータは中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で複数のアカウントが転載している。あるアカウントは、「親族が大阪に住んでる私を訪ねてくると毎回『大阪は電線だらけだ』と嫌がる。この分野では、私の故郷の方が上だと思う」と投稿した。

中国のネットユーザーからは「そうなんだよ、毎回写真を撮ると電線が邪魔なんだよな」「電線の上に止まる鳥たちも嫌い。群れでフンをするから汚い」「日本はこの分野はスマホ決済同様遅れてるな」などとコメントしている。

一方で、「え?気にしたことない」「電線、別にあっても気にならないけど」などというコメントも目立つ。あるユーザーは、日本の民家の前に複数の電線が張り巡らされた写真を投稿し「これ、きれいだと思うのは私だけ?」と投稿し、他のユーザーから少なからぬ共感を得ていた。(翻訳・編集/和田)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • なは***** | (2019/05/14 01:00)

    1)費用問題 電柱の10倍の敷設費用。電気電話料金が上がる。 →利権の問題。今は直接埋設とコスト削減を図って3倍程度にしようとしている。 (2)地中化は災害に弱い? 神戸の震災では電柱の被害だけでなく地中化された電線も被害を受けた。地下被害は地上の1/2。しかし、電柱被害復旧は1、2週間。地下は1ヶ月から3ヶ月かかる。何処が被害を受けているかを調べなければならない。液状化が予想されるところでは電柱の方が災害に強い。地震の有無は国によって違う。簡易な埋設をすれば被害はもっと大きくなる →今は簡単に断線したとところがわかる。また液状化されるところでも埋設した電線が切れる可能性は電柱が倒れる可能性よりも圧倒的に低い。電柱は電線だけでなくトランスを載せている。電線を地中化してもトランスは歩道に設置しなければならず、台風で浸水時の防水が必要。 →洪水のような雨ばかりのシンガポールで一切被害なし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2019/05/10 09:56)

    新規に開発する団地などは無電柱化も良いが、 すでに開発済みの市街地は優先順位が低いから難しいだろうね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/05/10 07:08)

    横浜市の電線地中化の意見募集の結果を見ると40件の意見は賛成ばかり。何故地中化が進まないのか全く考えない市民の意見を聞いても仕方がない。 (1)費用問題 電柱の10倍の敷設費用。電気電話料金が上がる。 (2)地中化は災害に弱い? 神戸の震災では電柱の被害だけでなく地中化された電線も被害を受けた。地下被害は地上の1/2。しかし、電柱被害復旧は1、2週間。地下は1ヶ月から3ヶ月かかる。何処が被害を受けているかを調べなければならない。液状化が予想されるところでは電柱の方が災害に強い。地震の有無は国によって違う。簡易な埋設をすれば被害はもっと大きくなる (3)トランス問題 電柱は電線だけでなくトランスを載せている。電線を地中化してもトランスは歩道に設置しなければならず、台風で浸水時の防水が必要。 (4)地下埋設物多数埋めたら終わりじゃない道路工事多発 解決しなければならない問題山積
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事