Record China

ヘッドライン:

人気のグオクイは食べ歩きにぴったりのB級グルメ!

配信日時:2017年12月11日(月) 21時20分
拡大
「小吃」は主に小さな店や屋台で食べる料理で、手軽に食べることができ、また値段も安い。地方によって、地元ならではの「小吃」があるので、日本でいうところのB級グルメにあたる。人気のあるジャンルで、レストランのメニューにもある。
(1/5枚)

中国には「小吃(シャオチー)」というジャンルがある。「小吃」は主に小さな店や屋台で食べる料理で、手軽に食べることができ、また値段も安い。地方によって、地元ならではの「小吃」があるので、日本でいうところのB級グルメにあたる。人気のあるジャンルで、レストランのメニューにもある。

その他の写真

「小吃」には、麺類、点心などから、石焼芋、スィーツなど種類も豊富で、地元で有名な人気店は、全国的にもチェーン展開しているので、その地方にいかなくても大都市であれば、たいてい全国各地のご当地グルメを味わうことができる。

もちろん、チェーン展開したものの中には、大衆向けに味を変えているものもあるので、本場の味はやはり地元で!という「小吃」も中にはあるが、それでもファーストフードのように手軽に利用できるので、若者を中心に人気が高い。

今回、紹介するのは、そんな「小吃」の中でも、最近、上海や近郊でジワジワと人気が出ている「グオクイ(鍋●、●=灰のしたに皿)」。

今、上海や近郊で流行っているグオクイは、こねた小麦粉を円盤状に伸ばして、中に牛肉や小豆といった餡を入れて焼いたもので、外がぱりぱりしていて、大きなやや楕円形のおせんべいみたいな見た目だ。

味は餡によって違うが、ピリ辛のものから甘いものまで種類も豊富で、一枚7元(約118円)からで、中に入れる餡の種類によって値段が違う。平日の食事時や週末は行列になることも多い。というのも、注文が入ってから生地に餡を入れて焼き上げるからだ。

焼き方は、釜の内側にこの生地を貼付けて焼きあげる。待つこと約5〜6分。焼き上がったグオクイに、お好みでピリ辛ソースを表面にぬってくれる。辛さの程度も希望を聞いてくれる。

大きいまま両手でもって食べる若者は多いが、テイクアウトだと、だいたい真ん中から二つにおって持ちやすくしてくれる。

グオクイを包んでいる紙には、名前の由来や冷めた時の食べ方などが親切に書かれているが、何といっても一番美味しい食べ方は、買ってすぐの、あつあつのときに食べることだ。寒さが厳しくなってくるこの時期、このあつあつを食べながら歩く若者も多い。

グオクイは地方により、形、大きさや厚さのほか、中に入れる餡も違うので、各地でそれぞれご当地グルメを試してみるのも旅の醍醐味だ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「鍋盔は食べ歩きにぴったりのB級グルメ」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

早くもクリスマスシーズンの到来!今年の上海のクリスマストレンドは?

上海のクリスマスシーズン到来が年々はやまっている。かつては12月中旬になってようやくディスプレイを始めていた上海の街並みも、ここ数年で12月初旬、11月下旬と早まってきて、今年は11月に入ると、すぐにクリスマスディスプレイを見るようになった。

フライメディア
2017年11月20日 21時30分
続きを読む

ランキング