日本が敵基地攻撃可能なミサイルを導入の方針 中国側「慎重な行動を」

配信日時:2017年12月8日(金) 5時20分
画像ID 
外交部(外務省)の耿爽報道官は6日の定例記者会見で、日本政府が敵基地を攻撃可能なミサイルの導入を決定したことについて「軍事・安全保障分野で慎重に事を運び、地域の平和・安定維持のために積極的・建設的役割を発揮するよう日本側に促す」と表明した。

【記者】日本メディアによると、日本政府は敵基地を攻撃可能なミサイルの導入を決定し、すでに2018年度予算案に調達費を計上した。中国側はこれをどう見るか。

【耿報道官】歴史的原因から、アジア近隣国及び国際社会は日本の軍事・安全保障面の動向を注視し続けている。中国側は日本側に対して、軍事・安保分野で慎重に事を運び、地域の平和・安定維持のために積極的・建設的役割を発揮するよう促す。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<