IEA読書力ランキングが発表 香港地区は3位

配信日時:2017年12月7日(木) 19時0分
IEA読書力ランキングが発表 香港地区は3位
画像ID  617025
国際学術研究団体・国際教育到達度評価学会(IEA)は5日、国際読書力調査「Progress in International Reading Literacy Study(PIRLS)」を発表し、読書力トップはロシア、2位はシンガポールだった。中国香港地区は前回の1位から3位に順位を落とした。
国際学術研究団体・国際教育到達度評価学会(IEA)は5日、国際読書力調査「Progress in International Reading Literacy Study(PIRLS)」を発表し、読書力トップはロシア、2位はシンガポールだった。中国香港地区は前回の1位から3位に順位を落とした。中国新聞網が香港紙「文匯報」の報道を引用して報じた。

各国・地域の学生の読書能力を示すために、IEAは5年に一度、読書の基礎能力や理解能力を調べた同調査の結果を発表している。今回は50カ国・地域の小学4年の児童約32万人が調査対象となった。

今年トップだったのは、581ポイントを獲得したロシア。2位のシンガポールは576ポイント、香港地区は569ポイントだった。研究では、香港地区の小学4年の児童の5分の1の読書能力が、IEAの制定する基準をクリアしており、複雑なテキストでも、ストーリーや情報の全体像を理解することができるということが判明した。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事