Record China

ヘッドライン:

韓国の中高生、日本の「ホワイト国除外撤回」を求め独立運動を再現=ネットで称賛の嵐

配信日時:2019年8月29日(木) 19時50分
拡大
28日、韓国・聯合ニュースは、ソウルで中高生が日本政府の「報復措置撤回」を求めて100年前の「3・1独立運動」を再現したと報じた。写真は重慶市にある大韓民国臨時政府跡地。
(1/6枚)

2019年8月28日、韓国・聯合ニュースは、日本が輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国(現グループA)」から韓国を除外する政令を施行した日、ソウルでは中高生が日本政府の「報復措置撤回」を求めて100年前の「3・1独立運動」を再現したと報じた。

その他の写真

記事によると、ソウル市内にある崇実(スンシル)高校と崇実中学の生徒らは同日午後、学校から約2.5キロ離れた恩平(ウンピョン)平和公園まで行進し、日本政府に対し「経済報復措置の撤回」「元慰安婦への謝罪」「強制徴用の認定」を訴えた。この公園には昨年慰安婦像が建てられており、この日は学生900人余りをはじめ教師や父兄ら1000人以上が参加したという。

崇実高校の生徒会では、校内のクラブと共に今月初頭から行進の準備に取り掛かり、生徒らはクラス別の議論を経て自ら行進への参加を決定したという。

同日の行進は猛暑の中、「大韓民国万歳」の三唱で始まった。崇実高生徒会長のユ・テギュさんは行進の目的について「中高生たちも社会問題に声を上げることができることを示したかった」とし「日本政府は過去の歴史に対して心から謝罪し、韓国と平和に共存する未来志向的な関係をつくらなければならない」と話したという。

なお崇実高は1897年に米国人宣教師ウィリアム・ベアードが平壌(ピョンヤン)で開校。日本統治地時代の1938年に神社参拝を拒否し強制的に廃校になったが、1948年にソウルで再開校した。

これを受け、韓国のネット上では「誇らしい」「素晴らしい生徒たち」「生徒たちを応援する。行事を企画した学校関係者もかっこいい」「韓国の未来に希望が見えた」など称賛コメントが続々と寄せられている。

一方で、最近行われている文大統領の最側近のチョ・グク法務部長官候補の不正疑惑をめぐるデモに関連して「チョ・グクのデモをしてる大学生たちよ!この子たちの半分でも見習ったらどうだ」「こんな幼い子たちも日本と戦っているというのに、親日派や親日メディアはチョ・グクと戦ってる」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

日韓関係、早期の雪解けは困難?来春に控える日本からの「3・1独立運動」100周年、文在寅大統領も重視

最近の日韓関係は韓国海軍の火器管制レーダー照射問題も重なり、1965年の国交正常化以降、最悪ともされる。しかし、早期の雪解けは望み薄。来春には韓国の文大統領も重視する日本からの「3・1独立運動」100周年を控えているためだ。写真は韓国の国会。

Record China
2018年12月29日 12時20分
続きを読む

ランキング