500トン級小型無人貨物船の開発がスタート

配信日時:2017年12月8日(金) 5時40分
画像ID 
中国国際海事技術学術会議・展覧会2017で6日に発表された情報によると、中国船級社(CCS)と珠海市政府、武漢理工大学、雲洲智能公司の4者が共同で、中国初の小型無人スマート貨物船プロジェクトを開始した。また同時に中国初の無人船開発・試験基地、アジア初の無人船海上試験場が建設されることになるという。中国科技網が伝えた。

CCEの孫峰副総裁によると、この「筋斗雲」と名付けられた500トン級小型無人貨物船は、設計・建造・試験任務を迅速に完了し、来年末には進水する見通しだ。2019年に世界に先駆け実用化を実現し、国内企業の世界無人船舶輸送の新たな1ページを開く。

有人船舶による島への補給には現在、数多くの課題と難点が存在する。特に陸地から遠く離れた場所に広く分布する島については、日常的な補給に高い費用がかかる。また複雑な気象や海の状況による影響を受けるため、補給船は定期的な航行を保証できない。

小型無人貨物船は島の補給という難題を効果的に解消できる。自動運転のため、船員の安全といった懸念されていた問題が存在しない。海の状況が複雑な場合も、島の需要に基づき直ちに補給を行うことができる。複雑な気象の影響も受けない。

中国の「一帯一路」(the Belt and Road)イニシアティブのもと、小型無人貨物船は島の補給に用いられる。一帯一路の参加国、特に東南アジアなどの多くの島を持つ国で、非常に大きな市場を持つとみられている。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<