Record China

ヘッドライン:

<写真特集>韓国大統領が訪れる中国重慶、ここは大韓民国臨時政府の拠点となった街

配信日時:2017年12月15日(金) 9時50分
拡大
13日、韓国の文在寅大統領が4日間の日程で初の中国訪問をスタートさせた。
(1/37枚)

2017年12月13日、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4日間の日程で初の中国訪問をスタートさせた。15〜16日に訪れる内陸部の重慶は大韓民国臨時政府の活動拠点となった街だ。

その他の写真

大韓民国臨時政府は日韓併合に反対する独立運動家が1919年に上海に設立したもので、1940年にその活動拠点を重慶に移した。現在、復元された庁舎は「重慶大韓民国臨時政府旧址陳列館」として対外開放されており、独立運動の歴史を人々に紹介する場となっている。

大韓民国臨時政府を記念する建物は上海にもあり、中韓が蜜月関係にあった15年9月に訪中した朴槿恵(パク・クネ)前大統領はこの記念館の再開館式に出席している。(編集/野谷

関連記事

韓国国家情報院、新たな名称が「テロ集団を連想させる」と物議=ネットからは「むしろぴったりの名前」と皮肉も

1日、韓国・東亜日報などによると、韓国の大統領直属の情報機関、国家情報院が18年ぶりに組織名称を「対外安保情報院」に変更する方針を明らかにしたが、この新名称の英語表現が物議を醸している。写真は国家情報院公式サイトのキャプチャー画像。

Record China
2017年12月2日 8時40分
続きを読む

文大統領の「米国の先制攻撃を阻止しなければ」発言、その意図は?=韓国ネットも注目「金正恩の保護者なの?」「先制攻撃は戦争の始まりだから」

30日、韓国メディアによると、韓国の文在寅大統領が29日の国家安全保障会議で「米国が先制攻撃を念頭に置くような状況は防がなければならない」と発言し、その意図が注目されている。写真は南北境界の板門店。

Record China
2017年11月30日 17時10分
続きを読む

ランキング