中国の特許出願件数は世界一、増加量の98%占める―WIPO報告

配信日時:2017年12月8日(金) 5時20分
中国の特許出願件数は世界一、増加量の98%占める
画像ID  616992
2016年に世界各地の発明家が提出した特許出願の件数は310万件に上り、7年連続で増加した。世界全体の増加量のうち、中国が98%を占めたという。
国連の専門機関・世界知的所有権機関(WIPO)が6日に発表した年度報告書「世界知的所有権指標」によると、2016年に世界各地の発明家が提出した特許出願の件数は310万件に上り、7年連続で増加した。世界全体の増加量のうち、中国が98%を占めたという。新華社が伝えた。

同報告書によると、16年に世界で提出された特許出願件数は前年比8.3%増加した。中国で受理された出願件数は、米国、日本、韓国、欧州の各特許当局が受理した件数の合計を上回った。

同報告書は、16年に中国国家知的財産権局が受理した特許出願件数は過去最高を更新して130万件に達し、他国を大幅に上回ったと伝えた。

だが海外での出願では、米国が引き続き他を引き離し、日本、ドイツ、韓国がその後に続いた。中国科学院の高鋭院士は、「海外での出願には知的財産権保護の国際化が反映されており、海外市場における科学技術商用化の進展への意欲が示されている。国際市場での保護を自ら求める特許は、付加価値が高いことが多い」と指摘した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ちゅる***** | (2017/12/08 08:54)

    ここ最近、仕事で中国特許を読む機会が増えています。 請求項(権利化する内容)に、平気で他社の商標とか特定の製品名を入れる限定をしています。 これでは特許になっても、ものすごく狭い権利にしかならないので、 権利化はしやすくてもクズみたいな特許にしかなりません。 その商標や製品の販売が終わったら無意味になりますので。 例えば「処理が完了したらWeChatにメッセージを送信する洗濯機」とか(本当)。 で、WeChatの部分を他のアプリに変えて別の出願にして数を水増しするわけです。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事