北京への熱い思いを表現 外国人学生による中国語フェスティバル開催

配信日時:2017年12月7日(木) 18時40分
画像ID 
北京市の約30校の小中学校、高校の外国人留学生たちが5日、北京の要素あふれるパフォーマンスを通して、北京に対する熱い思いを表現した。北京日報が伝えた。

長い丈の中国服を身にまとい、ステージ裏に控えていた韓国人のカン・チェウォンさんは、「私は小学校卒業後、すぐに中国に来て進学した。ここは居心地よく、大通りには人がたくさんいて賑やか」とし、「私はクラスメートたちと『古きよき北京、現代中国の国情』という劇を披露し、大碗茶売りの行商人を演じる。劇が終わったら、前門に遊びに行き、本当に大碗茶を飲むつもり」と語った。

ステージ裏では、ほとんどの留学生がカンさんと同じように、北京風なまりの中国語を話していた。ある米国人留学生は、「児化(アル化)の発音は確かに難しいが、話せるようになると、とても聞き心地がよく感じる。中国語フェスティバルのおかげで、北京を理解する機会が持てた。これはとてもいいイベント」と話した。

「2017年北京市小中学校・高校の外国人学生の中国フェスティバル」は北京市教育委員会が主催しており、北京市国際教育交流センターと北京市小中学校・高校国際教育研究会が運営している。米国、ロシア、カザフスタン、フィンランド、日本、韓国などから来た留学生たちが特技、パフォーマンス、中国語技能の披露を行い、中国や北京に対する熱い思いを表現した。

主催側は、「今回の中国語フェスティバルの前半は、一連の中国文化体験、歌唱・演技・詩歌朗読大会などのプログラムに分かれており、外国人学生に中国や北京を理解させるサポートを行っている」とした。(編集YK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<